韓国の「ウォン」がここへ来て下落…世界の投資家たちが「売り」を仕掛けたワケ

韓国経済を取り巻く現状

ウォン安の兆し

8月に入り、韓国のウォンが米ドルに対して下落している。

アジア新興国の通貨と比較しても、ウォンの下落率は大きい。

ウォン安の背景には、複数の要因がある。

その中でも重要と考えられるのが、韓国銀行(中央銀行)による年内の利上げが難しくなった、と考える海外投資家が増加していることだ。

8月の月初から中旬までの世界経済の変化を振り返ると、韓国経済の減速懸念を高める要因が相次いで浮上している。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

順を追って確認すると、上旬には、世界の半導体市況でメモリ半導体の一つであるDRAMの需給が緩むとの懸念が高まり、高値圏で推移してきた韓国株とウォンの売りをセットで行う海外投資家が増えた。

その後、中国の主要経済指標は事前予想を下回り、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が資産買入れの段階的縮小=テーパリングを実施する可能性も高まった。

景気の回復ペースを弱める材料が増える中で韓国銀行が利上げを目指すことは難しくなっている。

日韓関係が韓国企業の事業運営にマイナスの影響を与えるとの懸念からウォンを売る投資家もいるようだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

おすすめの記事