「ワクチンの限界」に直面するアメリカ photo/gettyimages
# 新型コロナウイルス

「ワクチン大国」アメリカでいま本当に起きている「ブレイクスルー感染」の恐ろしい現実

ワクチンを頼みにするだけでは、もはや感染予防できなくなっている――そんな現実はいま「ワクチン大国」のアメリカで起きている。前編記事(『「ワクチンの限界」に直面するアメリカで「衝撃のデータ」が続々出てきた…!』)ではCDC(米疾病対策センター)が発表した衝撃的なデータをもとにそのことを紹介したが、いまアメリカの現場では実際にどのようなことが起きているのか。その厳しく、恐ろしい現実を現地発でお届けする。

アメリカ「ブレイクスルー感染」のリアル

CDC(米疾病対策センター)の発表によると、米マサチューセッツ州バーンステーブル郡では、7月6日〜7月25日の間に同郡で陽性となった469の検体の約4分の3(74%)に当たる346がすでにワクチン接種を完了した人々の検体だった。

稀にしか起きないと言われているブレイクスルー感染だが、これらの数字を見ると、本当に稀なのかという疑問が生じる。

ワクチン接種者のブレイクスルー感染が拡大中 photo/gettyimages
 

リアルを知るべく、ツイッターを覗いて見ると、身近でブレイクスルー感染が起きたというツイートが多々ある。

「ブレイクスルー感染した人を数多く知っている。彼らはみな、以前はマスクをしていた場所で、マスクをしていなかったわ。ブレイクスルー感染は稀と言われているけれど、もう稀ではないわ」

とマスクレスだった人がブレイクスルー感染しているというツイートや、

「今では、誰もがワクチンを打ったのに感染してしまった人を知っているほど稀なんだよ」

という皮肉なツイートも見つかった。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/