2021.08.31
# 不動産

名門公立小学校の「3S1K」ってなんだ…?文京区に子育て世代がこぞって住むワケ

東京の「高級住宅街」といえば真っ先に港区あたりが浮かぶかもしれないが、文京区も屈指の人気エリアである。その理由は、「文京」の名のとおり名門学校が多くあり、そこに通わせたいと願うファミリー層が集うからだ。なかでも「3S1K」とは、文京区で知らない人はいない名門小学校4校の頭文字を取ったものである。その「3S1K」と周辺の人気マンションについて、不動産テックHousmartの針山昌幸氏が解説する。

学区重視なら中古マンションが狙い目

親なら誰しも、我が子に良い教育環境を用意したいと思うもの。私立受験ももちろんですが、名門公立学校の「学区」内へのお引っ越しを検討されている人も少なくないでしょう。

とはいえ、都内において人気学区の物件は元々の立地も良く、価格もそれなり。なにより物件数が圧倒的に少なくなります。学区重視で引っ越しを考えるなら、中古マンションが狙い目です。

photo by iStock

ここでは都内でも教育環境が整っていると言われる文京区において、名門小学校として名高い4校・通称「3S1K」の特色と各学区エリアの特徴、さらにファミリーにおすすめの中古マンションをご紹介します。

東京都23区の中でも、1番教育環境が充実していると言われているのが「文京区」です。日本を代表する大学である東京大学が所在する区であり、文教地区に指定されている地域が多いため、落ち着いた住環境が魅力です。

 

文京区の教育レベルの高さは23区の中で国・私立中学校への進学率が1番高いというデータに表れています。令和2年度の文京区の都内中学校進学者のうち、46%の生徒が国・私立中学校へと進学しています。

(データ参照元:令和2年度公立学校統計調査報告書「都内公立中学校等進学者数」より算出)

関連記事

おすすめの記事