2015年、第33回東京玉翠会総会(平成3年卒幹事団提供、撮影:上枝正幸)
# 同窓会

約1200人が参加した「日本最大級」のオンライン同窓会が凄まじかった…!

コロナ禍での新しい開催スタイル

「日本最大」の高校同窓会

昨年春からのコロナ禍で、大人数での立食パーティーはできなくなった。例年であればお盆休みに各地で同窓会が開催されていたが、今年は難しかったと思われる。

そんななか、高校同窓会の参加人数「日本一」を誇る香川県立高松高校の同窓会組織「玉翠会」が、7月10日、例年と同じような1000人を超える規模の同窓会をオンラインで開催した。

これだけの人数が参加するオンライン同窓会を一体、どのような方法で実施したのだろうか。

「コロナ禍で7月の東京玉翠会総会はやむなく中止した。でも、2年連続の中止は避け、2021年7月の総会はオンラインで開催したい」

昨年の秋、2021年の総会を主催する幹事団の取りまとめ役である尾崎慎一さんはこう考えた。

玉翠会とは、1893(明治26)年に開校し、作家の菊池寛、女優の高畑淳子、国会議員の玉木雄一郎らが輩出した伝統校・香川県立高松高校の同窓会組織で、東京、関西、岡山、徳島、東海に支部がある。

2015年、グランドプリンスホテル新高輪・飛天で開催された第33回東京玉翠会総会(平成3年卒幹事団提供、撮影:上枝正幸)
 

第1回の東京玉翠会総会は1983(昭和58)年に、卒業後25年目の学年の幹事団によって開催された。2005年春のセンバツ高校野球に高松高校が21世紀枠で出場した効果もあって、同年夏に開催された第23回では参加者数が初の1000人超え。以降、毎年1000人前後の参加者数が続き、2015年の第33回では1252人を動員して、「日本一ネット」にて、高校同窓会の「参加人数日本一」に認定された。

従来の東京玉翠会総会も含め、同窓会でよくあるホテルでの立食パーティー形式では、話したい人を見つけて近づき、いくつかのグループで歓談するのが一般的だ。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/