簡単そうに見えて「実はめんどくさい料理」ランキング…いちばん厄介なのは?

「揚げ物」は後片付けが大変だけど…
金子 大輝 プロフィール

1位:ポテトサラダ

1位にポテトサラダを挙げるうえで、筆者は改めて2人分の「一般的なポテサラ」を作ってみた。

ジャガイモとニンジンと玉ねぎの皮を剥き、ジャガイモは鍋に入れて茹でる。玉ねぎとニンジンもそれぞれ適宜スライスし、玉ねぎは水にさらし、ニンジンはレンジで加熱する。

ジャガイモが茹で上がるのを待つあいだ、薄く輪切りにしたきゅうりを塩揉みし、ハム(ベーコンでもいい)も切る。気にしないという人も多いかもしれないが、都度都度包丁やまな板を洗いながら作業を進めると、台所はかなりてんやわんやになる。

photo by istock
 

この作業をこなしながら、ハムまたはベーコンをサラダ油で焦げ目がつくくらいに炒める。さながらバスケットボールのピポットのように、台所の360度に目を配りながら機敏に動く必要があるのだ。

ここから茹で上がったジャガイモを潰すわけだが…これが想像を遥かに凌駕した面倒くささだ。手早く潰さないと、あとのマヨネーズや胡椒などで味付けする際にうまく混ざらず、バサバサかつマヨネーズの油がモッタリと浮いたようなポテサラが出来上がる。

むろん、筆者の家にマッシャーはない。スプーンとフォークで必死に芋を潰していると…ボウルから潰れかけの芋が半個飛び出して、台所にぶちまけられてしまった。

潰したジャガイモの粗熱を取り(粗熱…?と思いながら少し冷めるのを待った)、卵黄とほんの少しの生クリーム、塩胡椒などで味を整えて完成だ。30分ほど悪戦苦闘して、ようやく一品だ。

関連記事

おすすめの記事