6000万円で買った自宅が1200万円に暴落…住宅ローンで「自己破産」した夫婦の地獄

若い頃6000万円の物件を2500万円の頭金、3500万円のローンで購入したSさん夫婦。Sさんが後年、事業に失敗し、自宅を売りに出すことになった。しかし、その価格は1200万円程度にしかならないという。ローンの残債は約2000万円。ローンの残債よりも物件価格のほうが安い「オーバーローン」の状態になっていたのだ。

オーバーローン状態の物件は、銀行がその物件に「抵当権」を設定している関係で、ローンを一括返済できるだけのお金が手元にない限り、売りに出すことができない。しかし、月14万5000円のローンを返済していくのも難しい…。Sさん夫婦は筆者の高橋さんのもとへ相談に訪れた。

【前編】「定年後に愕然…3500万の住宅ローンで「老後破産」した夫婦の地獄

〔PHOTO〕iStock
 

「任意売却」を提案

どうしようもなくなり、私のところに相談に来たSさんに、私は「任意売却」を提案した。

任意売却とは、オーバーローン状態の物件でも、住宅ローンを借りている金融機関と相談の上、ローンの残債がある状態でも抵当権を外してもらうことができ、物件を時価で売却できるようになる方法だ。

競売になると安く売られてしまう可能性もあるので、何としても競売になるのは避けたかった。結局Sさんは、1300万円で自宅を任意売却し、月額6万円の賃貸マンションに引っ越した。

何とか競売は免れたが、問題は住宅ローンの残債だ。延滞金等を含めると900万円近くになった。年金収入と少しのアルバイト収入ではとてもじゃないが払っていけないし、自分に何かあった時に妻や子供に借金が相続することになる。Sさんは自己破産をすることを選択した。頭金を入れても、オーバーローンを解消できない現実である。

関連記事

おすすめの記事