2021.08.20
# 不動産

6000万円で買った自宅が1200万円に暴落…住宅ローンで「自己破産」した夫婦の地獄

高橋 愛子 プロフィール

バランスシートを正常化させる

Sさんのように、想定外のことが起こったときに「どうにもならない」「売るに売れない」ということにならないために、気を付けておくことがある。

それは、住宅ローンのバランスシートを正常化させることだ。

【図1】

 

資産になる家を、自己資金(頭金)を入れて、足りない分について住宅ローンを組む。そうすると【図1】の(1)ように頭金とローンの合計額が、物件の価格と釣り合うような状態になる。頭金を入れているので、オーバーローン状態には陥りづらい。この状態はバランスシートが正常な状況である。

住宅ローンを返済すれば、ローン残高は徐々に減っていく。このとき物件の価格が購入時のまま維持されていれば、【図1】の(2)のように「アンダーローン」、つまり、物件価格が住宅ローン+自己資金を上回っている状態となる。現役時代に住宅ローンを返済しておいて、定年後は、住宅ローンを完済し、家だけが残っているというのが理想だ。

関連記事

おすすめの記事