雨上がり決死隊の解散は、まるで「熟年離婚」…“不貞夫”と宮迫博之さんの意外な「共通点」

「熟年離婚みたいな」解散

宮迫博之さんと蛍原徹さんによるお笑いコンビ、雨上がり決死隊が17日に解散を発表しました。

宮迫さんが所属事務所の吉本興業を通さずに反社会的勢力とのつながりが疑われる企業からイベント出演のギャラを受け取った、いわゆる「闇営業問題」がきっかけで、宮迫さんは吉本興業を退社。その後活動の場をYouTubeに移していました。

今回は2年ぶりに、彼らの冠番組「アメトーーク」の特別編として、東野幸治さんら関わりの深い芸人さんを招いた場で、二人が解散に至った経緯や心情を語りました。

[PHOTO]gettyimages

この冒頭で宮迫さんは、コンビの解散について「熟年離婚みたいなもの」というたとえを口にしました。宮迫さんの問題に悩みに悩んで解散を決意した蛍原さんと、問題を起こした張本人でありながらいまだにコンビ復活やテレビへの復帰を諦めていないと語る宮迫さんの対比は、確かに筆者が見てきた数多くの熟年離婚カップルと重なるものでした。

なぜ雨上がり決死隊の解散は熟年離婚と似ているのでしょうか。それを防ぐための方法はあったのでしょうか。

男女問題に詳しい堀井亜生弁護士が解説します。

 

解散報告に感じるもどかしさ

今回の番組を見ると、宮迫さんも蛍原さんも、またコンビとして活動したいという気持ちを抱いていたことが伝わってきました。

しかし、宮迫さんが復帰の手段として選んだのはYouTubeという道であり、蛍原さんはそのことに違和感を抱き、そのずれを修正できなかったことで解散を決断したと語っていました。

おそらく、番組を見ていた視聴者の多くは宮迫さんに対してもどかしい思いを抱いていたのではないでしょうか。

それは、蛍原さんやゲストの芸人さんが、宮迫さんに「こうしたら復帰できていた」という道筋をはっきりと話しているのに、宮迫さん自身がその重要性に気が付いていない様子だったからです。

コンビに戻りたいのなら、なぜ蛍原さんの言う通りにしばらく謹慎してから二人で舞台に立つようにしなかったのか。

YouTubeを始めざるを得ないのなら、なぜ蛍原さんに納得してもらうように説明できなかったのか。

先輩芸人たちも助けてくれようとしたのだから、なぜその人たちの手を取ることができなかったのか。

宮迫さんはみんなが思う疑問に向き合うことはなく、「自分が周りに言われた通りしておけば解散にはならなかったのに」というような後悔の気持ちを覗かせることもありませんでした。

宮迫さんが闇営業をしてしまったこと、当初ギャラは受け取っていないと虚偽の説明をしてしまったことは取り返しのつかないことです。しかし、その後の宮迫さんの行動次第では、こんな形で解散を発表する結果にはならず、今もコンビを続けていられた可能性があったのではないでしょうか。

二人の言葉を通じてそれが浮き彫りになったのが、今回の解散報告番組の印象的な点だったと思います。

関連記事

おすすめの記事