2021.08.20
# エンタメ

「藤島メリー名誉会長」とSMAPの不思議な縁…「女帝」がジャニーズ事務所に遺したもの

ジャニー喜多川さんと二人三脚で

ジャニーズ事務所は8月17日、同社の藤島メリー泰子名誉会長が肺炎のため都内の病院で今月14日に死去したことを発表した。享年93歳。

メリーさんは、19年に他界した弟のジャニー喜多川氏(享年87)とともに、1962年にジャニーズ事務所を立ち上げ、芸能界に「一大帝国」を築き上げた。

「米ロサンゼルス生まれで、幼少期に家族と日本に帰国すると、終戦後に渡米して現地の大学を卒業しています。再び帰国後は、創業したジャニーズ事務所の副社長として経営に参加。ジャニー喜多川さんが積極的に現場に出て指揮を執り、メリーさんは経営面で力を発揮し、二人三脚で事務所を大きくしていきました」(ベテラン芸能記者)

木村拓哉さん/photo by gettyimages

突然の訃報に芸能界に激震が走ると、木村拓哉さんは自身のインスタグラムを更新。名前こそ出さなかったものの、

「どんな時も、前向きな心と言葉をいつもありがとうございました‼ ゆっくり、休んで下さい」

と、メリーさんに向けたと思われるメッセージで追悼。

 

所属タレント以外にも黒柳徹子さんやジャニーズOBなどが、次々とマスコミやSNSを通して感謝のコメントを寄せ、交友関係の広さが伺える。

SPONSORED