# メンタルヘルス

「学校行きたくない」…夏休み明け「自殺」からわが子を「守れる言葉」「ダメな言葉」

橋爪 大三郎 プロフィール

世界が壊れるかのような打撃……

さて毎年9月1日、多くの学校で新学期が始まる。そしてその日、自殺が多くなるのだという。痛ましいことである。

夏休みは、授業がなかった。新学期に、また学校に戻らねばならない。それが死ぬほど苦痛な中高生が多くいる。クラスの人間関係やいじめも背景にあるだろう。

photo by iStock
 

命は大事です。自殺はいけません。

−−教師も親もそう言う。でも生徒たちに、その声は響かない。彼らの苦しさの内側で、解決の道筋をみつけよう。

生徒たちが自殺するしかないと思うのは、あまりに苦しいからだ。苦しさから自分を守るためだ。それ以外に方法がないと思うからだ。

いじめが引き金になるケースが多い。いじめによる自殺を考えてみよう。

中学生は親と距離をおき、友人が大事になる時期。まだ社会が狭く、学校がすべてである。クラスで仲間外れにされたり、いじめを受けたりすると、逃げ場がない。親にも教師にも打ち明けにくい。

いじめを受け、人格を否定される。いじめる側は、軽い気持ちかもしれない。いじめを受ける側は、世界が壊れるような打撃を受ける。自分を支えるのがむずかしくなる。

この状況をどうやって抜け出すか。自力では困難だ。こんな毎日には、希望がない。でも、こんなはずではないという自尊心がある。人間らしくあるべき自分への自尊心。だから、思い切って命を断てば、この状況を抜け出せると思いつく。自殺すれば、みなびっくりして、考え直すだろう。

それは、怒りであり、悲しみであり、同時に自分を守る行為なのだ。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/