2021.08.20

コロナで縁日が「消滅」…その余波で「テキヤ」に起きている苦しい事態

兼業はしているものの…
廣末 登 プロフィール

地元のスーパーに営業をかける以上、会社名が入った名刺と、店長へ献上する菓子折りを持ち、足繁くスーパーに通って出店のお願いをする。そうしたら「一度、店を出していいよ」と根負けして折れてくれる。そこで売り上げを上げると、系列店にもお願いに行き、数店舗のヒラビが営業できるようになるのである。

テキヤの仲間内では、こうしたスタイルのヒラビはネス(素人)のすることで、邪道だという者もいる。しかし、ヒラビは地域密着型のバイであり、一か所あたり毎日3万円ほどの売り上げになる。多い日は7万円くらい稼げるとのこと。しかも、このスタイルで商売した場合、軒先を借りたスーパーと取り決めた出店料だけを払えば済むから、ボロい商売である。

 

邪道だろうが何だろうが、祭りが開かれないコロナ禍の現在、このような地域密着型のバイをしていないと、テキヤも生き残れない。ほかにも、キッチンカーによるバイやドライブスルー型のバイなど、新たな試みが為されている。

降りやまぬ雨はなく、鳴りやまぬ雷はない。今夏、ワクチン接種が急ピッチで進んでおり、一条の光が見えてきた。九州以外の土地の親分さんや若い衆も、数百年の歴史を有する神農界の英知を結集し、創意工夫しながらコロナ禍を乗り切って頂きたいと願うものである。

SPONSORED