山梨県北杜市の農村風景

有機農業に憧れて就農した若者の多くが、なぜ3年で辞めるのか?

農家を増やす戦略の欠如
農家の平均年齢が67.8歳と高齢化の進む農業界にあって、若手の参入が多いのが有機農業だ。新規就農者のうち2割は全作物で有機農業を行っており、一部の作物で有機を手掛ける者まで含めれば3割近い。耕地面積でみるとわずか0.5%(2018年)の有機農業に、若手が集中する構図だ。その実、有機農業での新規参入は有機以外に比べ、売上や所得が低水準になりがちで、生計が成り立つまでの年数が長い。若者が憧れる有機農業はなぜ難しいのか。その実態をルポする。

指導できる人材がいない

「有機農業は、絶対に必要なものだ。けれど、統一された栽培の指導法もなくて、なかなか難しい。若い人が有機で就農しても、3年くらいでほとんど辞めていくのは、もったいないね

こう話すのは、山梨県北杜市でキャベツやレタスなどを栽培する梅津鐵市さん(72)だ。1980年に脱サラして就農し、出荷先のニーズに合わせて、通常の慣行農業(化学肥料や農薬を使う一般的な農法)に加え、有機や減農薬・減化学肥料などの農法を手掛けてきた。37ヘクタールを耕作していて、畑作農家としてはかなり規模が大きい。

梅津鐵市さん。北杜市内で新たに引き受け、手入れしている最中の元耕作放棄地で
 

有機農業は、基本的に化学的に合成された肥料や農薬を使わない。環境への負荷をできるだけ減らし、その土地での物質の循環を重視する。

北杜市は有機農業の新規参入が多いことで有名だ。冷涼な気候で害虫の発生が比較的少ないこと、市内に核となる有機農家がいたことなどが影響している。市に新規参入の相談をする人の8割が有機農業の希望者だ。山梨県の有機農家171軒(2020年度)のうち、8割くらいが北杜市の農家とみられる。

移住して有機農業を始める人が多い一方で、定着できずに離農して再び都市に戻る人もいる。生産が安定しにくいこと、販路の確保が難しいことが要因のようだ。

「農業生産技術を学んだ人間が、次に有機に進むなら多少は分かる。1ヘクタールを耕作する農家が、10アールで有機をやろうというなら、それは可能性あるよ。でも、25歳、30歳くらいで会社を辞めて、いきなり有機農業を始める。それは……できない」(梅津さん)

慣行農業に比べ、有機は使える資材が限られ、難易度が上がる。だから「慣行農業もできないのに、いきなり有機はないだろう」(梅津さん)というのだ。

新規参入は、家業を継ぐ親元就農や、居抜きに近い第三者農業経営継承(後継者のいない生産者が継承希望者に農地や施設、機械やノウハウなどを譲ること)と違って、農地や機械、設備などの初期コストがかかる。農業大学校などで学んでから就農する人も増えているが、授業や訓練を受けただけで農家として即通用するレベルになるわけではない。さらに有機となると、一層ハードルが上がる。

「そもそも、指導できる人間がいないんだ。きちんと指導できる人間を育てることが先だね」

梅津さんはこう指摘する。農家に技術指導する存在としては、都道府県の農業普及指導員とJAの営農指導員がいる。が、いずれも慣行農業が主で、有機農業を教えられる人材は少ない。有機の施肥や病害防除の体系が、慣行栽培とあまりに違いすぎるからだ。
山梨県は、都道府県の中では有機農業に力を入れている方で、有機農業の推進計画を定めている。県立の農業大学校には、就農トレーニングとして年に10回学ぶ「有機農業コース」も設けている。それでも「有機農業の指導ができる農業普及指導員は、かなり少ない。特に技術的な指導は、若干不足している部分がある」と、県の農業技術課も認める。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/