「初めての推し」で知るファンの気持ち

小泉さんがK-POPと出会ったのは、BTSがきっかけだった。当時、メディアでたくさん流れていた『Dynamite』を見て、「いい曲だな」と思いつつ、確実に「沼に堕ちた」と感じたのは、2020年の12月にYouTubeで米NBCの『America's Got Talent 2020』で放映された『Dynamite』のパフォーマンスを見たときだという。

YouTube

「公式MVもよかったんですが、このときのパフォーマスは7人それぞれがめちゃくちゃ自由に動いていて。単にダンスが踊れるとかじゃなくて。ちょっとこのグリーンのベスト着ている子(V)、誰? この表情すごくない? とまずビックリして、すぐにYouTubeで他の動画を検索し、見ている間に、あっという間にハマりました(笑)。

もともと韓国の映画やドラマに関しては、約20年来ファンでした。正確に言うとドラマは『天国の階段』(2003年)あたりから色々見ていて、映画はソン・ガンホ、ソル・ギョングが出ているものは必ずチェックし、マイナーな作品もよく見ていました。

でも、K-POPは触らなかったんです。なんというか、うまく言えないのですが、K-POPまで触ってしまうと、時間配分が難しくなるに違いないと(笑)。どちらかというと、知るととことん突き詰めて調べてしまうオタク気質なので、触るとヤバいんじゃないかな、という予感があったというか(笑)。そして予感通り、BTSを学ぶ時間が楽しすぎて時間が足りません」(小泉さん)

-AD-

16歳で芸能界デビューし、自分自身がアイドルとなった小泉さんは、人生の中で、いわゆる推しにハマる、夢中になるという経験を一切してきていないという。

「中学のときにトシちゃん(田原俊彦)のレコードを買い、ドラマを観て俳優の根津甚八さん素敵だなと思ったことはあったけど、夢中という領域ではなくて。だから、今回BTSにハマって、ファンになること自体が私の人生の中で、初めての経験なんです。でも、体験してみるとめちゃくちゃおもしろい。

今までファンの存在はありがたいと思いながらも、『ハマるという心理』はわかっていなかったわけです。それが、ファンになるとこんなことを感じるんだ、ファンはこういうことを求めるんだ、ってことを自ら実感したというか。自分がファンの方に何か提供するときにも、参考にできる部分がたくさんあるんじゃないかと思うんです」(小泉さん)

撮影/山本倫子