新型コロナウイルスのmRNAワクチン/NHK提供

デルタ株に効く? 安全性は? 「新型コロナのmRNAワクチン」…研究の第一人者に聞いてようやくわかった“本当の評価”

新型コロナウイルスのワクチン接種が日本で始まっておよそ半年が経ちました。ワクチン接種がいち早く進んだ70-80代の高齢者における感染者の増加が抑えられているなど、ワクチンの効果も出始めています。

接種に主に使われているのは「mRNAワクチン」という新しい種類のワクチンです。新型コロナの流行からわずか1年ほどで承認されたことなどもあり、安全性に懸念を持つ人も少なくありません。

しかし、実はこのワクチンは、ノーベル賞の有力な候補に挙げられるほどの画期的な発見によって実現したもので、20年以上にわたる地道な研究が生んだ成果です。

mRNAワクチンが体をウイルスから守る仕組みから変異株への効果や副反応について、さらにワクチン開発の裏側や国産のmRNAワクチンの開発状況まで、現時点で科学的に確かめられている情報をまとめました。(NHK「サイエンスZERO」取材班)

接種が進む新型コロナウイルスのワクチン/NHK提供
 

「mRNAワクチン」の高い効果の理由

新型コロナウイルスが最初に見つかってわずか1年で実用化された「mRNAワクチン」。臨床試験で確認された発症予防効果はファイザー製で約95%、モデルナ製で約94%と、十分な有効性が認められています。

7月にアメリカのCDC(疾病対策センター)の研究者が発表したデータでは、1週間の10万人あたりの新型コロナウイルス関連の発生人数で見ると、2回接種済みの人は接種していない人に比べて、発症数は8分の1、入院や死亡数は25分の1だったことが示されました。 

新型コロナ関連の発生人数/出典:アメリカCDCの資料
拡大画像表示

ワクチンはどのような仕組みでこれほど高い効果を生み出しているのでしょうか。

それを理解するために知る必要があるのが「mRNA」についてです。「メッセンジャーRNA」を略したもので、私たちの体でも普段から使われています。

ヒトの細胞の核の中には体の設計図であるDNAが入っていますが、DNAは大切なものなので直接使うことはせず、mRNAにコピーをして使っているのです。mRNAは細胞の核の中でDNAの情報をコピーすると、核から出て細胞質内の「リボソーム」にくっつきます。

リボソームはいわばタンパク質の製造工場で、設計図であるmRNAの情報を読み取り、生命活動を維持するためのさまざまなタンパク質を作ります。つまり、私たちの体の中にはmRNAから自動的にタンパク質を作り出す機能が備わっているのです。

mRNAの情報をもとにリボソームがタンパク質を作る/NHK提供
拡大画像表示

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/