Photo by iStock
# マンガ

韓国発の「縦読みマンガ」は本当に世界基準か?比べてわかった「日本マンガ」の優位性

スマホ画面を縦にスクロールするだけで読める韓国発のマンガ、「ウェブトゥーン」。Netflixで配信されるや話題をさらった『梨泰院クラス』や、アジア7か国で1位にチャートインした『わかっていても』もウェブトゥーンが原作だ。短期間のうちに世界的認知度を得たウェブトゥーンが、日本のマンガの牙城に及ぼす影響は? 電子コミック黎明期から独自の視点で業界を見つめてきた、株式会社ビーグリー代表取締役社長の吉田仁平氏が解説する。

縦スクロールが現代人にフィット?

ウェブトゥーンが浸透した理由としてまず挙げられるのは、ユーザーが縦にスクロールしていくだけでよい使い勝手のよさ。

Photo by iStock

日本は世界中のどの国よりもマンガを読む習慣が根付いている国ですが、ウェブトゥーンを扱うプラットフォームの皆さんが積極的な広告投資をすると同時に大量の新作が流入してきたのも大きい。

彼らが提供しているマンガアプリは最初の数話は無料でそれ以降は課金というビジネスモデルですが、“最初は無料”というハードルの低さから流入した若いユーザーが、あっという間に縦スクロールのマンガに慣れていきました。この循環もウェブトゥーンの浸透に拍車をかけたのでしょう。

また、絵やセリフが詰まった日本のマンガと比べると、ひと目で入ってくる情報量が少ないんですよね。要はエネルギーをかけずにサクサク消化できるので、隙間時間にちょっと読むのに適している。この辺りが、現代人の暮らしにフィットしたのだと思います。

 

なかには、「ウェブトゥーンが世界に浸透し、やがて日本のマンガが危機的状況を迎えるのでは」という声もあります。

たしかに、日本のマンガは開きが逆(日本は右開き、海外は左開き)で、ほぼ白黒なので、世界基準ではそこが見づらさに繋がっているんじゃないか? オールカラーじゃないと興味を惹きにくいんじゃないか? という話は以前からありました。

そういう部分を解決した上で世に出たウェブトゥーンのほうが、海外で受けるという見方もあるでしょう。世界のスマホ普及率を見ていると、今までマンガを読む習慣がなかった国においても抵抗なく受け入れられる可能性もある。そういう意味で、非常に有用な方法論だと思います。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/