Photo by iStock
# フリーランス

「フリーランスは会社員より自由?」安易に選ぶと損をする“新しい働き方”の真実

近年、注目を浴びている「フリーランス」という働き方。しかし、安易にフリーランスになると、ただの「会社にとって都合のいい存在」になりかねないという。では、どんな点に気をつければよいのか? 新刊『得する会社員 損する会社員』を上梓した、ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子氏が解説する。

安易なフリーランス化は損をする

働き方改革、そしてコロナ時代……。「新しい働き方」というどことなくキラキラした耳触りのいいフレーズに惹かれ、「フリーランス化」する人が増えると予想しています。または、フリーランスだか何だかよくわかっていないまま、収入が増えるなどの理由で「業務委託契約」に変更する人も現れるでしょう。

Photo by iStock

結論から申し上げると、社員にとっては安易なフリーランス化は損になる可能性が高いです。逆に、会社にとっては社員がフリーランスになってくれることでお得がいっぱいあります。

フリーランスになるということは、起業することと同義です。たとえ今の会社から仕事をもらえるといっても、「起業家」という志、気概、知識を持っておかないと、「こんなはずじゃなかった」があちこちで発生します。

また、今までの「メンバーシップ型雇用」という人材を育てて仕事を与えるやり方から、転勤や部署異動がなく、既にある仕事に人を充てる「ジョブ型雇用」への転換や、副業可の拡大、これらも会社員の大量フリーランス化への布石と考えることができます。

 

希望する社員は「個人事業主」として独立させ、今まで通りその会社の仕事を「業務委託」で発注する大企業も出てきています。

知らない人がいないような大企業が導入している制度となれば、追随して中小企業でもどんどん導入してくる可能性があります。提案される前に、会社員として最低限の知識は持っておきたいところです。

関連記事

おすすめの記事