8月13日公開の映画『モロッコ、彼女たちの朝』は、モロッコの旧市街・カサブランカを舞台に、臨月で街をさまようサミア(ニスリン・エラディ)と、彼女を家に引き入れ助ける未亡人のアブラ(ルブナ・アザバル)の2人の孤独な女性が織りなす、“生と再生”の物語だ。

静謐な絵画のような映像が美しい本作だが、婚外子や未婚の母に対する差別が未だに根強いモロッコの性差別的な“伝統”に対しての問題提起も込められている。

脚本と監督を務めたのは、モロッコ・タンジェ出身のマリヤム・トゥザニ氏。ロンドンの大学でジャーナリズムを専攻し俳優としても活動する彼女は、この長編監督デビュー作が、モロッコの女性監督として初めてアカデミー賞モロッコ代表作品に選ばれた。

マリヤム・トゥザニ監督(C)Lorenzo-Salemi

婚外セックスや中絶が違法で、逮捕されることもあるというモロッコ。その地で暮らす女性たちが抱える問題と本作に込めた思いについて、トゥザニ監督に聞いた。

-AD-

「罪の息子」と呼ばれるモロッコの婚外子

――原題は『Adam(アダム)』ですが、作中にアダムという名の男性は登場しません。原題にはどんな意味があるのでしょうか。

トゥザニ監督:2つあります。1つは、キリスト教やイスラム教を含むたくさんの宗教でアダムは「人類最初の人間」という意味があることから、「文化や宗教をこえて人間として、私たちはともに生きていく」というヒューマニティへの思い。

もう1つは、「婚外子も婚内子も同じ人間だ」という思いです。モロッコでは、婚外子は「罪の息子」と呼ばれる一方、婚内子は「アダムの息子」と呼ばれます(監督によると、アラビア語の“息子”は“人”という意味)。父親が誰であろうと、どこから来ようと、子どもたちには平等な権利、愛と機会が社会から与えられるべきです。

つまり、この世に生を受けたすべての子どもたちが等しく扱われる世界になってほしいという願いを込めて、「アダム」というタイトルにしました。