# フリーランス

「人の倍稼ぐフリーランス」が、じつは「稼ぐ」よりも大事にしていること

人間にとって最も大きな喜びとは
上阪 徹 プロフィール

「自分のために働かない」で人生が一変

だからこそ、フリーランスになるときに決めたことがひとつありました。

「もう自分のために働くのはやめよう」

必要としてくれる人のために働く。必要としてくれる誰かのために頑張る。なぜなら、必要とされることが、私にとっては一番ありがたいことだったから。

Photo by iStock
 

きれいごとで言っているのではありません。誰からも必要とされない恐怖は、そのくらい大きかったのです。そして、誰かに必要とされることこそが、私の何よりの喜びになりました。

フリーランスになって27年になりますが、今でも、私の最大のモチベーションは、必要とされ、声をかけていただくことにこそあります。だから、私は仕事を選びませんでした。やりたいことも持ちませんでした。

当初はコピーライターでしたが、自分にできること、できそうなことは、どんどん引き受けました。なぜなら、必要とされることが一番うれしいことだったからです。

そして、この「自分のために働かない」というマインドチェンジこそが、ボロボロだった20代から、私の人生を一変させることになります。

仕事を選ばなかったからこそ、成功者に次々にインタビューしたり、著名人の本を書いたり、さらには自分で本を書いたり、びっくりするような収入を得られるようになるなど、想像もつかなかった未来が、私には待ち構えていたのです。

ただ、この「気づき」は次第にわかっていったことです。幸運なことにインタビューの仕事で毎週のように成功者に出会うことができ、冒頭のようなトンチンカンな質問を繰り返していく過程で、人生がうまくいくことの何たるか、について少しずつ言語化できるようになっていったのでした。

関連記事

おすすめの記事