Photo by gettyimages
# エンタメ

「日本人女優」と「韓流タレント」の交際が、たびたび報じられる“ウラ事情”

篠原涼子に綾瀬はるかも…?

飛びこんできた熱愛報道

東京五輪開幕のどさくさに紛れて、離婚を発表した篠原涼子(47)。

その篠原が韓流グループ『SUPERNOVA』(旧名『超新星』)のグァンス(34)との熱愛を『週刊文春』に報じられた。

16年連れ添った25歳年上の夫と離婚したと思ったら、今度は13歳年下の男性との熱愛報道…話題に事欠かない女優だ。

女優の篠原涼子[Photo by gettyimages]
 

『週刊文春』によれば、ふたりは同じマンションの別々の部屋に住んでいて、グァンスが来日する度に逢瀬を重ねているという。

有名芸能人が交際をカモフラージュするため同じマンションに住むというスタイルは最近のトレンドなのだろうか、松坂桃李(32)と戸田恵梨香(32)、星野源(40)と新垣結衣(33)もこの方法でマスコミの取材網から逃れていた。

さらに『週刊文春』は交際の根拠として、ふたりの左足首に付けたお揃いのアンクレットを指摘している。左足首のアンクレットは“恋人がいる事、婚約している事を意味する”と言う。

篠原といえば昨年11月から今年5月半ばまで、NHK朝ドラ『おちょやん』での女将役が好評だったが、大阪での撮影期間中、私の耳には“年下男性と密会しているらしい”という情報も飛び込んできていた。今となって考えれば、このときの密会相手こそがグァンスだったのかもしれない。

1年前の報道が思い出される

篠原の新恋人が韓流タレントと聞いてすぐに連想したのが、今からちょうど1年前に『女性セブン』が“結婚!”と報じて大騒ぎになった、綾瀬はるか(36)と韓流タレントのノ・ミヌ(35)の2年に及ぶ極秘交際のニュースだ。

関連記事

おすすめの記事