# 中国

習近平が“自爆”へ…いよいよ中国経済「倒産ラッシュ」で「狼たちの宴」が始まった!

中国で「新しい倒産ムーブメント」が始まった…!

中国で、企業が破産(倒産)することを通じて再建に取り組むことが当たり前となってきた。

いまや大国有企業のいくつかも破産を通じた「再建ムーブメント」に入っている。これまでは破産させないゾンビ企業が跋扈していたが、状況が大きく変わりつつある。

中国企業に「異変」アリ… photo/gettyimages
 

こうした倒産した企業の不良債権を含む資産などを特殊資産と呼ぶが、この特殊資産投資市場が中国の企業倒産急増で拡大している。

2021年第二四半期、特殊資産取引指数は338.18で、第一四半期より21.9%上昇、前年同期比では12.8%上昇している。

資産金融競売の成立額も同様に上昇しており、2021年第二四半期で185.44億元、第一四半期より79.62%増、前年同期比3.64%増。平均取引額は1212.08万元で、第一四半期より73.98%増という。

ここ数年の傾向として「剛性兌付」(国家や党が後ろ盾となっている企業の社債はデフォルトしない、倒産しない)という神話が崩れ、裁判所による倒産再建、あるいは倒産清算という形で負債を処理する方法がとられ始めた。

最近では中国半導体国産化政策の核心企業であった清華大学運営の半官企業「紫光集団」が、債権者の徽商銀行によって破産再建の申し立てが行われたことが大きなニュースになった。

北京大学運営の方正集団は今年7月から正式に司法当局から倒産再建整理計画が承認された。

関連記事

おすすめの記事