2021.10.25
# ドラマ

「朝ドラ」で記憶に残る作品は? 2000人が選んだ「名作ランキング」ベスト10を大公開!

木俣 冬 プロフィール

朝ドラらしい明るいヒロイン

第4位:ちゅらさん(2001年度前期・179票)

「明るく元気なヒロイン」と愛されたのは沖縄出身・国仲涼子がヒロインを演じた「ちゅらさん」。

沖縄出身のヒロイン「えりぃ」こと古波蔵恵里(国仲)が東京に出て来て、アパート暮らしをはじめる。そこにはとてもアットホームで個性的な住人たちがいた。でも心は常に沖縄とそこにいる家族と共にある。初恋の人と東京で再会し結婚、やがて沖縄に戻って地域医療に従事することになる。

第4位にランクインした「ちゅらさん」(BS12ホームページより)
 

朝ドラのヒロインは明るい、元気、さわやかが基本。えりぃはその理想そのものだった。何があっても笑っている。そしてその明るさは、最初は仏頂面だった周囲の人をも変化させていく。

沖縄の方言や文化や家族の雰囲気が独特で面白かった。ゴーヤーマンが好きだった(30代女性)

癒しヒーリングがそこかしこに有り風景も美しく、音楽が素敵でした(50代男性)

という声もある。主題歌を歌ったのは沖縄出身のユニットKiroroで、沖縄の海を背景にしたオープニングが目にも耳にも心地よかった。登場人物も沖縄出身の俳優が多く、なかでもおばぁを演じた平良とみの語りは沖縄を象徴するようだった。このドラマを見て実際に沖縄に行きたくなった人も多かったようだ。

関連記事

おすすめの記事