提供:P&Gジャパン合同会社

最近、ナチュラルな髪色を生かしたグレイヘアを好む人が増えるなど、万人受けするようなパーフェクトなヘアよりも、ありのまま、自分らしいヘアスタイルを愛したい人が増えている。そんな、「自分らしい髪」で一歩を踏み出すすべての人を、さまざまなキャンペーンを通して応援してきたパンテーン。

今回、新パンテーン エフォートレスシリーズが着目したのは、誰もが直面したことがあるであろう「寝ぐせ直し」と「朝の忙しさ」の悩み。「エフォートレス」に自分らしい朝時間を過ごすための工夫を、新パンテーン エフォートレスシリーズのTVCMに起用されている高橋尚子さんと、モデルであり2児の男の子ママでもある辻元舞さんにお伺いした。実際に商品を使ってみたお二人が語る、新パンテーン エフォートレスシリーズの使い心地の良さや、寝ぐせのお悩みへのダイレクトな効果も必読。

左・辻元舞さん、右・高橋尚子さん

忙しい朝の「寝ぐせ直し」は誰もが抱える悩み

同じ働く女性でも、環境や状況によって抱える悩みは異なる。寝ぐせ直しを含む「朝の身支度」に関して、高校時代の交通事故が原因で車椅子ユーザになった高橋さんはこう語る。

「私は今年の春に会社を立ち上げ、バリアフリー普及のための情報発信や開発をメインに仕事をしています。基本は自宅で仕事をしていますが、身支度は毎日のルーティーン。なるべく自分でできることは自分でしたい思いもあり、準備にまつわるすべての作業に時間がかかるのが悩みですね。朝起きて車椅子に乗るところから、ヘルパーさんや親に手伝ってもらいながら入るお風呂。着替えはもちろん、髪を乾かすためにドライヤーをかけるのも一苦労で、メイクも入れるとトータルで2時間以上は準備に時間がかかります。朝から身支度だけで疲れきってしまうことも多いですね」

一方、2児の男の子のママである辻元さんには別のお悩みが。

「私は、朝の時間が慌ただしいのが悩みです。周りのお母さんたちも、朝はどうしても子供の時間が優先になってしまうから自分のケアが出来ない、という方は多いですね。我が家は毎日、モンキーパークのような騒がしさ(笑)。子供達を着替えさせ、ご飯を食べさせたら、あっという間にもう出かける時間。顔を洗い、歯磨きをして、着替え。最近は、メイクを5分ぐらいで済ませ、寝ぐせを直して、スタイリング剤をつけて終わりで、私の準備には10分もかからないです。出産前の私は、朝の準備にとても時間をかけていた方で、朝からパックをするようなタイプでした。でも、そんな時間は子供が生まれると同時に無くなり、自分のケアは諦めるようになりました」。

誰もが直面する「寝ぐせ」にも、
じつはまだまだ改善点が

「普通ならカンタンに出来ることも、自分はとても時間がかかる」と話すのは高橋さん。

新パンテーン エフォートレス  クイック リペアー カプセル ヴィタミルクを使用してヘアケアをするShokoさん。

「握力がないので、水をスプレーして髪を濡らすことも出来ないし、くしで髪をとかすときは、くしを握るためのグローブをつけないと出来ない。寝ぐせを直すとなると、洗面所で髪を濡らし、タオルで拭いてドライヤーをしなければいけませんが、その一連の動作も今の私には結構大変なんです。シャンプー&コンディショナーを変えることで寝ぐせ直しいらずのヘアになれたら、朝時間がとてもラクになりますね。今はバタバタとした朝を過ごしているので、お茶を飲みながらゆっくりと過ごす時間が欲しいです」。

辻元さんも「髪の悩みがフラットな状態になると、ヘアセットが時短できますよね」と話す。

辻元さんの朝のスタイリング風景。新パンテーン エフォートレスシリーズのおかげで、かなり時短ができたそう。

「私も寝ぐせと毎日戦っていました。髪を短くしたい気持ちがずっとあり、子供が生まれシャンプーやドライヤーにかける時間も少なくなると思いショートヘアにしました。けれど、スタイリングはラクになりましたが、髪が短いと寝ぐせはつきやすくなるんですよね。

朝、幼稚園の送り迎えで人に会うのですが、以前は素顔、部屋着、寝ぐせのままで行くようなタイプでした。でも最近では「昨日、テレビ見たよ」と声をかけていただくこともあり、少しメイクもして身だしなみを整えています。でも、結局メイクをしていても寝ぐせがついていたら、だらしなく見えてしまう。髪が整っていることは第一印象としてとても大事な要素だと感じました。逆に、髪さえ整っていたら素顔でもそれなりに見えますよね。もし、朝時間に余裕ができたら、私は時計も見ない、携帯も見ない、何もしないでただひたすらぼーっと過ごしたいです(笑)」