2021.09.08
# 介護

「田舎の実家」で倒れた“父の介護”で、まさか「家計破綻」しかけた50代サラリーマンの悲劇

太田 差惠子 プロフィール

だれも「他人事」ではない

金融機関によっては、2枚目のキャッシュカードである「代理人カード」を作れたり、「代理人指定」をしておけたりします。

「家族信託」や「任意後見制度」を利用する方法も考えられます。

 

親に判断力があるなら、地元の社会福祉協議会が通帳を預かったり入出金をサポートしたりする「日常生活自立支援事業」の利用も選択肢となるでしょう。

悪徳業者に標的にされることを防ぐ効果も期待できます。

ただし、家族間でお金のことを本音で話し合うためにはコミュニケーションがあってこそ。

しっかり親子で向き合うことが第一歩だといえるでしょう。

関連記事

おすすめの記事