2021.08.11
# オリンピック # エンタメ

なぜ酷評の「オリンピック閉会式」は超高視聴率だったのか?

あの『イッテQ!』も視聴率半減…
木村 隆志 プロフィール

やはり五輪は国民的コンテンツだった

とはいえ、ネット上に書き込まれた声を「興味本位」「批判ありき」だけで片付けていたら、いずれ飽きられてしまうだろう。制作サイドとしては、できるだけ最大公約数になりそうなものを追求し、称賛を受ける頻度を上げていかなければいけない。

ただ、その道は限りなく険しい。高視聴率にもかかわらず、批判が大半を占めたのは、「それだけ個人の趣味嗜好が多様化・細分化している」ことでもあるからだ。

事実、閉会式の演出に対する「古いネタばかり」「もっと日本らしいものがある」などの声は、個人の主観によるものばかりで、もはや「みんなが面白い」と思うものを作ることは至難の業となっている。

「個人の主観で自由に書き込み、それが次々にシェアされ、議論の対象になっていく」という時代に、どんなコンテンツが最大公約数になりうるのか。今回の東京オリンピック開会式・閉会式を通して、テレビマンには大きな宿題が課せられたように見える。

業界関係者たちのメールには、「『それだけ多くの人々がテレビを見た』という事実はポジティブに受け止めたい」という前向きな言葉も書かれていた。

パリ五輪への引き継ぎ式は概ね好評のようだった/photo by gettyimages
 

『世界の果てまでイッテQ!』の視聴率があれだけ下がったということは、親が「子どもと一緒に見たい」と思うファミリー対応のコンテンツであったから。さらに大河ドラマと『ポツンと一軒家』(朝日放送・テレビ朝日系)が放送されなかったこともあるが、中高年層の視聴者をつかんでいたのも間違いない。つまり、オリンピックは国民的なコンテンツということだろう。

オリンピックとはいかないまでも、テレビ番組の中から『M-1グランプリ』(朝日放送・テレビ朝日系)のような生放送の国民的コンテンツをどれだけ作っていけるのか。「民放各局が競い合うのではなく、手を組んで国民的コンテンツを作っていかなければいけない」という時期に来ているのだ。

関連記事

おすすめの記事