夫が楽しみにしていたW杯観戦

6月、日本では、日々ワールドカップ熱が高まっていく様が、ここアメリカにいても耳に入ってきた。去年、夫の父はチケットの入手に成功した。すぐさま夫のもとに誘いが入った。その時夫は、「来年6月、どんなに仕事が忙しくとも、たとえとんぼ返りになろうとも、絶対日本に帰って試合を観る!」と宣言していた。

彼自身にはサッカー歴はない。中学時代所属していた部活は野球部だった。しかし、スポーツ万能だった彼はよく、「サッカー部にはいなかったが、サッカーは得意だった」と言っていた。スポーツ観戦に関しては、どんなスポーツでも好きで大変詳しかった。会社から帰宅した後にはひと通りのスポーツニュースをチェックせずにはいられないというタイプだった。

そんな夫だったから、ワールドカップ観戦を、どれほど楽しみにしていたかは言うまでもない。それが、叶わなくなってしまった。

夫とともに観戦するはずだった義父。そして、夫の代わりに今回観戦に行った義母。その心持はいかばかりだったろう。わたしの想像をはるかに超える悲しみだったのだろう。

2002年対ロシア戦で素晴らしい試合をした日本代表のみなさん。義父母は、どんな思いで観戦したのか。心がぎゅっとなる思いだった Photo by Getty Images
-AD-

夫の海外でのスポーツ観戦歴は、とても華やかなものだった。人もうらやむ試合を幾度となく観戦している。今になってみれば、無理をしてでも見ておいてよかったねと思う。

例えば、1998年のフランスワールドカップの時は、留学先のイタリア・ペルージャから、学校の授業の合間をぬってフランスに行き、試合を観戦してきた。そしてその秋には、地元ペルージャで、あの中田英寿選手のデビュー戦を生で観てきたのである。

アメリカに来てからは、やはりなんといっても大リーグ。ニューヨークメッツの新庄選手の試合も観戦した。イチロー選手で盛り上がるマリナーズがヤンキースタジアムに来た試合も、入手困難とされたチケットを見事手に入れ、34歳、彼の最後の誕生日の日に観戦している。

短すぎる夫の一生であったが、大好きだったスポーツ観戦はある程度堪能していたのではないだろうか。やはり、よかったね、と言ってあげたい。
観に行くはずだった、6月9日のロシア戦。あの日ばかりは、想弥の中の魂は身体を離れ、ひとり日本に飛んで帰り、上空の一番良い席で試合を観戦していたのだろう。

そんなことを、盛り上げる日本から遠いアメリカで、わたしは考えていたのである。

後編「アメリカ同時多発テロ「夫の葬儀」を終え…4歳2歳0歳と行った「帰国の準備」」では、いよいよ引っ越しの準備をしていく話をお伝えする。

運動神経抜群だった陽一さん。スポーツ観戦は陽一さんの大きな楽しみのひとつだった 写真提供/杉山晴美
杉山晴美さん連載「あの日から20年」を最初から読む

【#1 あの日前編】「「無事でいて!」2001年9月11日、NYでテレビに向かって叫んだ日の話」
【#1 あの日後編】「夫は帰らなかった…2001年9月11日アメリカ同時多発テロの翌日見たもの
【#2 捜索前編】「一度避難していた?「アメリカ同時多発テロ」行方不明の夫の「当日の行動」
【#2 捜索後編】「「アメリカ同時多発テロ」振り回される誤情報・行方不明の夫の両親との対面
【#3 決意前編】「9.11テロで行方不明の夫探し…妊娠4ヵ月の妻を襲った「突然の出血」
【#3 決意後編】「飛行機突入2分前、夫は80階にいた――米同時多発テロ行方不明者妻が見た「現実」
【#4 前編】「911テロで夫は行方不明…事件4週目の「追悼ミサ」、3歳の長男の反応
【#4 後編】「日本人の遺体が見つかった…アメリカ同時多発テロ行方不明の夫「退職」の意味
【#5 前編】「アメリカ同時多発テロで行方不明の夫のことを、3歳長男に話した日の話
【#5 後編】「「子供たちを育てていかなければ」夫は911テロで行方不明…3ヵ月後の妻の決意
【#6 前編】「「空でお雑煮食べてるよ」アメリカ同時多発テロ・夫が行方不明のまま迎えた元旦の話
【#6 後編】「10年目の結婚記念日、911後に夫不在で迎えた「3児の母」が思ったこと
【#7 前編】「結婚10年を目前に夫が行方不明…911犠牲者の妻が振り返る「22歳の出会い」
【#7 後編】「母ひとり娘ひとりの妻のため夫が姓を変え…911犠牲者の妻が考える「夫婦」とは
【#8 前編】「夫が行方不明になり5カ月…アメリカ同時多発テロに翻弄される妻から「夫への手紙」
【#8 後編】「夫はテロで行方不明、3歳と1歳の子もいる…妊娠9ヵ月の妻が決断した「出産」
【#9 前編】「アメリカ同時多発テロの「報復」で戦争勃発…犠牲者の妻が考えたこと
【#9 後編】「「犠牲者」の夫だったら何と言う?911後のアフガン戦争を子供たちにどう伝えるか
【#10 前編】「妊娠4カ月のとき911テロで夫が行方不明に…3人目出産の日の「奇跡」
【#10 後編】「過去2回の難産…アメリカ同時多発テロから半年後の出産、感じた「夫」の存在
【#11 前編】「夫は行方不明のまま…911から半年後「メモリアルデー」に生まれた子につけた名前
【#11 後編】「みんなの想いが名前に…アメリカ同時多発テロ・夫が行方不明の中での出産に思うこと
【#12 前編】「911テロで夫が行方不明のまま出産…直後に「夫の遺体」が確認された日のこと
【#12 後編】「4歳2歳0歳の子たちと迎えた「夫の葬儀」…911から7ヵ月、妻の覚悟
【#13 前編】「観戦予定だった…911で犠牲になった夫の「2002サッカーW杯チケット」
【#13 後編】「アメリカ同時多発テロ「夫の葬儀」を終え…4歳2歳0歳と行った「帰国の準備」
【#14 前編】「「ぶーちゃ、また来るからね」アメリカ同時多発テロ・3人の子と来た夫のいる「現場」
【#14 後編】「4歳2歳0歳連れて帰国…911テロで犠牲になった夫の誕生日に妻が思ったこと
【#15 前編】「9月11日から1年…日本に帰国した「アメリカ同時多発テロ遺族」の私がやったこと
【#15 後編】「「お父さんテロで死んじゃったの?」911から1年の日、4歳の息子が直面したこと
【#16 前編】「夫が犠牲に…アメリカ同時多発テロの翌年から、なぜ私は想いを書き続けたのか
【#16 後編】「手記がドラマ化…「アメリカ同時多発テロ」犠牲者の妻が感じた「伝える意味」
【#17 前編】「「親の死」を子に伝えるには…3歳のとき実父を亡くした911犠牲者の妻が思うこと
【#17 後編】「中学生の長男が手記の読書感想文を…911犠牲者の妻が感じた「夫の存在」
【#18 前編】「911の犠牲者の妻が、2011年3月11日東日本大震災の日に起こした行動
【#18 後編】「「親の死」を子に伝えるには…3歳のとき実父を亡くした911犠牲者の妻が思うこと
【#19】「アメリカ同時多発テロ遺族「母と息子3人」911から10年超えて見た「新たな夢」
【#20 前編】「「子供依存」への恐怖、実母のがん…アメリカ同時多発テロ犠牲者の妻の決意
【#20 後編】「アメリカ同時多発テロ遺族「母と息子3人」911から10年超えて見た「新たな夢」