2021.08.06
# 韓国

文在寅が「元凶」…五輪「メダル数“敗北”」のウラで韓国が「日本批判」しまくるウラ事情

武藤 正敏 プロフィール

五輪批判で「うさを晴らす」韓国メディア

1988年のソウルオリンピックの際、韓国社会の日本に対する対抗心は格別なものがあった。それまでのオリンピックで最も評価の高いのが東京オリンピックであり、ソウルもこれに負けないように頑張ろうというのが目標であった。

「東京オリンピックは日本の成長の証」であったように、「ソウルオリンピックを韓国の成長の証」としようというのが韓国の標語であった。そこには対抗心がみなぎっていたが、日本をよい例として学ぼう、参考にしようという積極的な意味があった。
 
しかし、今回のオリンピックでは日本のメダル獲得に対する対抗心を捨てたような、むしろ2020東京オリンピックを失敗作であると評価し、自己満足するようなところがあるのは残念である。

なぜ五輪批判を… photo/gettyimages
 

中央日報は、3日付けの日刊ゲンダイデジタルの記事を引用、「日本が連日メダルラッシュに沸く一方で、SNS上では海外から辛辣なコメントが噴出している」「東京五輪に世界中から『ワースト』の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ」というタイトルの記事は話題を集めた。同紙が注目したのはリオ大会と比べ視聴率が42%減少したという「ブルームバーグ」の指摘だという。

東亜日報も「盛り上がらない東京五輪、日本市民は『大谷の試合を中継して』が『五輪を見たい』の3倍」と報じている。

ハンギョレ新聞は「34%…東京五輪開幕後、菅内閣支持率『さらに下落』」と報じている。

SPONSORED