東京五輪では、近年のオリンピックにないほどに「アスリートのメンタルヘルス」に注目が集まったのではないか。その象徴的な存在が、アメリカ体操の「絶対女王」シモーネ・バイルズ選手の団体戦棄権表明だった。この棄権について、米国在住の精神科医・内田舞医師は「とても大きな意味がある」という。それはどういうことなのか。

前編「142万人が「いいね!」米体操絶対女王シモーネ・バイルズ「メンタルヘルス棄権」の大きな意味」では、シモーネ選手が絶対女王としての重圧に加え、アメリカ体操業界を震撼させた性暴力問題で、シモーネ選手も被害者だったこと、それによってシモーネ選手が自殺を考えるほどに追い込まれていたことをお伝えした。後編では、さらに掘り下げ、動画の紹介と共にそのまま続けることが危険と思われた背景や、棄権の選択が重要だった理由を、内田舞医師の解説のもとにお伝えする。

-AD-

人種問題、誹謗中傷、幼い頃から背負うものが多い

アメリカ体操の「絶対女王」シモーネ・バイルズ選手。彼女が体操団体戦出場をメンタルヘルスを理由に棄権した背景には、絶対女王としての相当なる重圧や、体操業界での性暴力問題があった。

さらに、シモーネ選手には誹謗中傷も付きまとっていた。

「フィギュアスケートも体操も今では黒人の選手も珍しくありませんが、絶対数としてはやはり少ない。コーチも審判員も世界的にみれば圧倒的に白人の方が多い組織の中で活動しなくてはいけない。もちろん、多くの方は人種の垣根なく、公平な評価をしていると思うのですが、『黒人なのに』と言われることも過去には少なくなかったようです。

また、シモーネ選手は難度が高い技を行うために、タフに鍛え上げています。そのために腕も足もとてもパンプアップしています。すると、『あんな太い筋肉質な腕で……』『女らしいレオタードが似合わない』など、外見を含めて、心ない誹謗中傷がSNSで飛び交い、深く傷つき、落ち込むことも多かったのです」(内田医師)

シモーネ選手が誹謗中傷を受け、それらを跳ねのけ東京五輪に向かう姿を化粧品ブランド(SK-II)がアニメーション動画にし、YouTubeで展開している。彼女がいかにつらい状況にあったかがよくわかる動画でもある。

YouTube

「前にも長洲未来さんの記事の際にもお伝えしましたが、脳は、20代後半まで発達し続けます。長洲さんもシモーネ選手もオリンピックに出場するような神童と呼ばれる選手は、脳が発展途上の年齢で、競技を本格的に始めることになります。本来であれば、親など大人たちのケアが必要な年齢であるのに、スポーツができるというだけで大人扱いをされ、大人の対応が出来て当たり前、とみなされてしまう。そして、自己管理も求められるわけです。

長洲さんとシモーネ選手に共通しているのは、いくらでも援助が可能な裕福な家庭ではなかったという点です。いい成績を残さなければいい環境で競技を続けられなくなるので、心も体もギリギリの状態で頑張るわけです。しかも、そういった精神状態は試合の勝ち負けに影響する可能性があるため、多くの人に語ることもできない。耐えて頑張ることで乗り切ろうとしてしまうのです」

好きで始めたスポーツであっても、重い責任を背負わされる。しかも、逃げたくてもチャンプになればなるほど、「なぜここで逃げるのだ」といった重圧がかかる。

リオ五輪後も、さまざまな大きな体操競技会でゴールドメダルホルダーとして絶対の地位を気づいていたシモーネ選手。photo/Getty Images

「シモーネ選手は今回の棄権で、あのまま演技を続けていたら、大怪我をするに違いない、と深い恐怖を感じたとも語っています。これは『ツイスティ』と言う状態で、心と体が一体化せず、動きが制御できない状況のことをいいます。本来であれば、着地をイメージしながら競技をするのに、そのイメージが持てず、体がどう動くか把握できなくなってしまう。あれだけ勢いよくジャンプや回転するのですから、制御できなければ大怪我どころか命にも影響します。

シモーネ選手が棄権後に『今、私の心と体は調和していません。これが試合で表に出てきてしまったらどんなに危険か気づいてない人もいると思います』と語ったのは、それだけ大きな恐怖を感じたからだと思います」(内田医師)