photo by iStock
# エンタメ

大越キャスター「報ステ起用」のウラで何がおきたのか…?「テレ朝」“現場無視”体質の大問題

問題は「起用の是非」ではない

テレビ朝日『報道ステーション』のキャスターに、元NHKの大越健介さんが10月から起用されることが話題になっている。

期待の声もさることながら、テレ朝OBの間からは「テレビ朝日の報道局にも人材はいるのに、なぜわざわざNHKの人物を起用しなければいけないのか」といった疑問の声もあがっている。

photo by iStock
 

しかし、私は大越健介さん起用の是非については、この際どうでもいい。報道ステーションのキャスターとして大越さんがどうなのか?ということは、実際の放送を見てみないと分からないからだ。

キャスターの実力が云々というのは、番組の演出や内容と一体として判断されるべきものである。10月からの「大越キャスターの報ステ」を見てから評価すればいい。

そんな事より、テレ朝OBとして、そして報道ステーションOBとして気になることがある。それは、キャスターが大越さんに「決まる経緯」と「決まってからの推移」だ。

ぶっちゃけ「報道ステーションの成否を分けるもの」は、キャスターが大越さんかどうかということよりも、報道ステーションという番組の「物事の決め方」だと私は思っているし、OBとして憂慮している。どういうことか詳しく説明しよう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/