2021.08.06
# ジェンダー

トランスジェンダーの著者が“セクハラ被害”を受けて味わった壮絶すぎる「地獄の苦しみ」

阿部 裕華 プロフィール

読者からの反応に感じた喜び

――「やわらかスピリッツ」で掲載後、承認制にしていることを抜きにしても、同じ悩みを抱える人からの共感や救済のコメントが集まっていると感じています。「自分のため」と思って描いていた作品が「誰かのため」になっている現状をどのように受け止めていますか?

ぺス山 いつもコメントはすごく面白く読んでいて、色んな人が自分のことを話している姿を見て、ありがたいなと感じます。

私の場合、ちっちゃい頃から孤独感がだいぶ強かったから、世の中の大多数の人間がうっすら嫌いだったんですよ。だから人のために何かしようという発想もなかった。
でも、『女の体をゆるすまで』を出してからは、もしかしたら私の体験してきたことが誰かのためになるのかも、と思うようになりましたね。読む人から「助かった」とか言われた時、めちゃくちゃ嬉しかったんですよ。くさいですけど(笑)。

それまで自分のためだけに生きてやるとしか思っていなかった人間が、奇しくも人から感謝されたら普通にめちゃくちゃ嬉しかった。「ためになる」ってしゃらくさい!と思っていたけど、いいことなんだなと今は素直に感じています。

――『女の体をゆるすまで』は「社会通念」が一つのキーワードだと思います。本作を描き終えた今、ぺス山さんは性に対する様々な問題や課題などの「社会通念」について望むことはありますか?

ぺス山 難しいのは重々承知の上で、めっちゃ変わってほしいし、もっと知ってほしいと素直に思いますね。だって、生きにくいんですもん。

たとえば、今年に入ってディズニーランドの園内アナウンスが「Ladies and Gentlemen, Boys and Girls」から「Hello Everyone」になったじゃないですか。これまで「Ladies and Gentlemen, Boys and Girls」と聞くと、ぼんやりと私はどれでもないな……と思いながら、それでもディズニーランドを楽しんでいました。それが「Hello Everyone」になって、単純に嬉しかったんですよ。

一方で、今まで馴染みのあった人たちからは、すごく反発も起きている。そういうコメントを見るたびに、「たしかにそうだよな、面倒くさいもんな」とも思うんですよ。自分と違う立場の人間のために、自分の馴染みのあったものが無くなったり変わったりする。「なんで? 面倒くさい!」と思う人は当然いると思います。

 

それは私もシスの人たちに対して普段から思っているわけですよ。自分の心と体の性が一致していて、しかも異性しか好きにならないなんてどんな人生なんだろう。それが世の中の大多数なんて……と本当に思う。現実に生きる人たちだけじゃなくて、基本的に漫画や小説などの空想の世界でも登場人物はそうじゃないですか。いくら読んでも、最後まで読んでも、登場人物の気持ちが分からない。

だから、もちろん私のことや同じような性自認を持つ人のことはいくら見たって分からないと思う。だけどそれをみんなが乗り越えてくれなきゃ、私は生きづらい。生きづらいのは嫌だから、頼む! 変わって! 悪いけど一歩も引けないわ! という感じです(笑)。

関連記事

おすすめの記事