# 保険

共働きで「年収1000万円の夫婦」が「貯蓄型保険」のせいで“地獄を見た”ワケ

計画通りにはいかない…
平井 美穂 プロフィール

いずれも60歳まで保険料の支払いが続きますが、60歳以降は払い込んだ保険料以上に年金や、保険を解約した際に払い戻される「解約返戻金」を受け取れる目算でした。

ところが、子どもが生まれ、念願のマイホームを手にした後、状況は一変します。

これまでの社宅生活と異なり、住宅ローンの返済に、管理費・修繕積立金、固定資産税・都市計画税など、住居費は大幅に増えました。子どもが成長するにつれ教育費も増える一方です。以前のようなゆとりはなくなり、毎月の保険料の支払いがきつくなってきました。

しばらくは貯蓄を切り崩して保険料の支払いに充てていましたが、それも限界になり保険を解約したいと相談に見えたのです。

 

貯蓄型保険の元本割れに注意

【見直しポイント1】
●保険料の目安は年収の5%前後に
●貯蓄型保険は中途解約すると元本割れするデメリットを理解して無理のない範囲で加入を

診断したところ、他にも加入している医療保険などを併せると生命保険の年間保険料はなんと150万円にもなりました。世帯年収の15%にも及び、明らかにかけ過ぎの保険が家計を圧迫していたのです。このうち掛け捨ての保険は3%で、残り12%は貯蓄型の保険でした。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/