マスコミが報じない、未消化で終わりそうな「コロナ交付金」のゆくえ

またも財政再建主義者の論理が…

五輪と感染再拡大の関係性

東京をはじめ、各地で新型コロナの感染者が増えている。「五輪の開催で気が緩んだ」「五輪関係者の入国で水際対策が甘かった」などの指摘もあるが、現状の感染拡大と五輪は果たして関係があるのかと、筆者は考える。

「気が緩んだ」というのは、客観的に計測しようがないので検証不能だが、「五輪関係者の入国」のためというのは、五輪関係者などで明確なクラスターが発生していないので、関係ないと思われる。五輪関係者の感染者といっても多くは日本人であり、海外からの持ち込みではないだろう。

現在の感染拡大は、日本だけでなく、世界でも起こっているので、感染力の強い変異株によるものだろう。ちなみに、昨年1月からこれまで人口あたり新規感染者数について、日本とG7諸国との相関係数をとると、0.35~0.68となっており、日本の新規感染者数は世界とかなりの程度連動している。

五輪期間といっても、その傾向はこれまでどおりであり、特に五輪の影響とは思えない。なお、G7では、日本はカナダ、ドイツとともに人口あたり新規感染者数、死亡者数は低位である。

 

先進国との比較だけではなく、日本の新規感染者数、重症者数、死者数の直近までの推移も出しておこう。今回の「波」が、前回までとまったく質が異なり、重症者率、死亡率は顕著に低くなっているのがわかるだろう。

それは、東京都で新規感染者のほとんどが若い人で占められているように、高齢者はかなりワクチンで守られているからだ。

ちなみに、7月27日、東京福祉保健局の吉村憲彦局長は、重症化のリスクの高い高齢者の割合は少なくなり、病床の確保も進んでいるとして、「年明けの第3波のときとは本質的に異なっているので、医療に与える圧迫は変わっている。いたずらに不安をあおることはしていただきたくない」と述べている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

おすすめの記事