2021.08.06

特典がさらに充実!アメックス・ビジネス・ゴールドにメタルカード登場

高級感あるカードで最高のサービスを

提供:R&Cマガジン

個人事業主や中小企業、スタートアップなど様々なビジネスオーナーが持つ法人カードとして利用されているアメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ ゴールド・カード(以下、アメックス・ビジネス・ゴールド)。自分(自社)のステータスの象徴とも言えるゴールド・カードは、ビジネスオーナーであれば一度手元に「持ってみたい」と思うのではないだろうか。

アメックス・ビジネス・ゴールド、その券面は金色に輝き、財布に忍ばせるだけで特別感を味わえる。それだけではなく、実際にビジネスに役立つ付帯特典・サービスも受けることができ、ステータスと利便性を兼ね備えた充実のカードであることは前回の記事でお伝えした。

そのアメックス・ビジネス・ゴールドは8月3日より、多くのビジネス・オーナーから待ち望まれていたメタルカードの発行を開始した。それだけではなく、これまで提供していたビジネスに特化したサービス機能もさらに拡充したので、その一部を紹介しよう。

この記事を読んでいる読者の皆さんには初年度の年会費が無料になる特典をプレゼント中。申込みはこちらのリンクから。
本ページからのお申し込みで年会費36,300円(税込)が初年度無料、カード利用額条件達成でさらに30,000ポイントをプレゼント!

メタルカードがもたらすメリット

メタルカードが最初に発行されたのは2017年。北米市場に向け、個人向けのプラチナ・カードで発行され、2018年に日本市場でも個人向けプラチナ・カードでの発行が開始された。追ってビジネス・プラチナ・カードでもメタル製となり、そして今回、ビジネス・ゴールド・カードでもメタルカードの発行となった。

メタルカードの魅力は「デザイン性」そして「セキュリティー面」にある。

まずは「デザイン性」。これまでのプラスチック製のカードに比べ質感が格段に上がり、「特別感」が得られ、メタルカードを持っているだけで、個人のステータスを証明できる。そして、デザインに関するもう一つの特徴はカード券面の変化だ。エンボスと呼ばれる凸凹したカード番号・ローマ字表記の名前、有効期限の表記がなくなり、表面にはICチップとアメックスの象徴とも言える「センチュリオン」が描かれているだけ。代わりに裏面にカード番号の記載、署名が刻印ではなく、印字されている。スタイリッシュなカードとなっており、財布が分厚くなりにくい。また、メタルカードのサイズ感はもちろんこれまでのクレジットカードと同様の大きさで、重量もほぼ変わらない15gとなっている。

そして「セキュリティー面」。前述したようにカード番号や名前が表面に記載されていないため、タッチレス決済を使えば、重要な情報も漏れるリスクが減り、安心といった側面もある。

この記事を読んでいる読者の皆さんには初年度の年会費が無料になる特典をプレゼント中。申込みはこちらのリンクから。
本ページからのお申し込みで年会費36,300円(税込)が初年度無料、カード利用額条件達成でさらに30,000ポイントをプレゼント!

追加カードにもメタルカードが1枚まで発行できる

もちろんアメックス・ビジネス・ゴールドは追加カードの発行が可能で、社員にも持たせることができる。さらに追加カードとしてプラスチック製はもちろんのこと、メタルカードも1枚まで申し込みが可能になっている。(ただし、メタル製、プラスチック製、それぞれの年会費がかかる)

この追加カード、ただカードを追加できるだけではなく、それぞれのカードに対して利用限度額設定機能がついており、安心して社員に渡すことができる。その設定管理もすべてオンライン上で会員本人が手続きできるため、いちいちサポートセンターなどに電話などしなくても、その場で変更が可能だ。

例えば、海外出張や接待が立て込む月に、一時的に上限額を上げることができる。また、経費の管理もこれですべて行えるため、誰がどのような利用をしているのか「透明性」を保つことができる。さらに利用額に応じて付与されるポイントはすべて基本カードに合算されることになり、経費の支払いに充てることも可能で、経費削減にも役立つのだ。

この記事を読んでいる読者の皆さんには初年度の年会費が無料になる特典をプレゼント中。申込みはこちらのリンクから。
本ページからのお申し込みで年会費36,300円(税込)が初年度無料、カード利用額条件達成でさらに30,000ポイントをプレゼント!

付帯サービスをさらに2つ追加

前回の記事で紹介したように、アメックス・ビジネス・ゴールドは以下のようなビジネスに役立てられるサービスを提供している。ベンチャー企業や個人事業主がすぐに活用しやすく、ダイレクトに事業に影響するサービスも多く付帯しているのが魅力だ。

・クラウドソーシングサービスの「Lancers」の紹介サポート料金が20%オフで利用可能

・名刺管理ツール「Eight」が5名分初年度アカウント利用料が無料

・ライトアップ社の提供する補助金・助成金検索サービスのコンサルティング費用が割引

・シェアオフィス・コワーキングスペースが使えるフレキシブルオフィス「OFFICE PASS」が最大で10%オフで利用可能

すでに、年会費を払ったとしてもそれ以上に受けられる付帯サービスがついているのは明白だが、さらに2021年4月より2つの新しい付帯サービスが追加されたので、紹介したい。

1つ目は「DELL Technologies 優待特典」だ。毎年4月1日〜9月30日、10月1日〜3月31日の各期間中にDELL Technologiesのオンラインショップもしくは電話での通信販売でアメックス・ビジネス・ゴールドを使い決済すると、各期間最大で7,000円のステートメントクレジットが進呈される。つまり、2年間最大で14,000円分のキャッシュバックが受けられることになる。

DELL Technologies 公式HPより

仕事には欠かせないモニターやパソコン、パソコン用アクセサリー製品や、サーバー製品、オンデマンドストレージ、ネットワーキング製品など幅広いDELL製品を購入することができ、キャッシュバックが受けられる。オンラインでビジネスをしている企業・個人事業主には、アメックス・ビジネス・ゴールドが強い武器になるだろう。

2つ目は「ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン」。このサービスはアメックス・ビジネス・ゴールドと福利厚生サービスを提供するベネフィット・ワンが提携して提供する全国約150店舗のレストランでコース料理を予約できるサービスで、2名以上のコース料理を利用すると1名分のコース料理が無料になる。1店舗につき、半年に1回までの利用ができるため、お気に入りのお店では年2回までこのサービスが受けられる。

公式サイトには厳選されたレストランや飲食店、クライアントのおもてなしにも最適なコースばかりが並んでいる。ビジネスシーンで接待利用をする際、気の利いた場所を選びたいなら、まずはここから選べば安心だ。また、東京・埼玉・神奈川・千葉などの関東圏内だけでなく、北海道・仙台・静岡・石川・愛知・滋賀・京都・大阪・兵庫・福岡・大分と幅広い地域もカバーしているので、出張などでも困ることがない。

この2つのサービスが新たに追加されることで、アメックス・ビジネス・ゴールドを持っているからこそできることが、きっとあなたのビジネスを更に飛躍させてくれるに違いない。ぜひこれを機に、法人カードとしてアメックス・ビジネス・ゴールドを選び、メタルカードをビジネス・パートナーとして活用してみてはどうだろうか。

この記事を読んでいる読者の皆さんには初年度の年会費が無料になる特典をプレゼント中。申込みはこちらのリンクから。
本ページからのお申し込みで年会費36,300円(税込)が初年度無料、カード利用額条件達成でさらに30,000ポイントをプレゼント!