「タワマンカースト」の深すぎる闇…39歳女性が「上昇志向」をこじらせた理由

タワマン内で生活を完結させた悲劇
小島 拓 プロフィール

これは「面倒だから近場で済ませよう」という通常の人間が持つ心理の表れともいえるが、くわえて、当たり前だがタワマンに住む人は、そのタワマンが好きで購入したのだから、タワマン内で過ごすことを好む。タワマンというのは一種の「鎖国」であり、実際にそのなかで生活が完結できるのだから、住民はますますその「鎖国」の内に囚われることになる。

先の祐子さんの例でいえば、子どもを連れてタワマンの外の世界に飛び出していれば、そのようなカースト思想に囚われずに済んだかもしれない。タワマン内のキッズスペースではなく、地域の開かれた児童館や公園で子どもを遊ばせ、さまざまな属性のママ友と知り合っていたら、彼女の「上昇志向」はそこまで悪化しなかった可能性は高い。

 

タワマンというのは、その構造上、どうしても「上」と「下」が存在する。それは高さという物理的な面のみならず、価格という面にも色濃く現れる。「上下」という意識を持たない住民もいるが、その意識の強い住民もいるわけで、カースト発生の芽はつねに存在する。しかし、タワマンの外の社会で過ごすことで、「上下」という視点ではなく、より平面的な視点を育むことができるかもしれない。

「タワマンの世界」がすべてと思わないこと。タワマンはあくまで「住む家」であり、「住む世界」ではないということ。これからタワマンを購入しようと考える人には、そのことをしっかり覚えておいていただきたいと、タワマンカーストにまつわるトラブルの話を聞くたびに、そんな思いをひしひしと強めている。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/