食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。よく行くパン屋さんで今まで買ってなかったパンをある日買ってみたら、驚くほど美味しかったことはありませんか? パン好きモデル・パン野ゆりさんのオススメがまさにそれなんです。

パン野さん「おすすめのパン」一覧▶︎

-AD-

小麦香るフランスパン
本場の美味しさを伝える

「トシさんのパンはどれも大ファンで、お店に伺って必ず買うのはいつも『バゲットトラディション』と決まっています!」

トシさんとは、川瀬敏綱さんのこと。都立大学駅から徒歩3分の場所にある「トシ オー クー デュ パン」のシェフです。

パリのバゲットコンクール優勝店『オー・デュック・デュ・ラ・シャぺル』で最高職人のもと2年半修業を積み、「フランスの食文化を広めてほしい」と託されて帰国。そこから2年後に独立を果たし、現在に至ります。

やはり人気はバゲット。パン野さんがいつも買う「バゲット トラディション」(250円)とオリジナルの「バゲット」(180円)、そして2021年から追加された新作の「バゲット スペシアル」(320円)の3種類。本場・フランスばりのお値打ち価格です。

国産小麦を長時間発酵させて作る「トラディション」は、焼き込まずに白く焼いています。甘みが強くもっちもち。「バゲット」はあっさりとした味で、デイリーに食べられる軽い仕上がり。どちらも香り豊かです。

新作のスぺシアルはフランス産小麦を使って作られ、全体にサクッときれるような噛み応えで、中はふわふわ。「バゲット」と「トラディション」の中間をいく食感と味わいです。やはり香りがよく、小麦のやさしい風味が漂います。「トラディション」は11時に最初の焼き上がりを迎え、それからは随時焼いていくスタイル。

「バゲット」は朝6時半のオープンから2時間程度で売り切れてしまいますが、「トラディション」が焼き上がる11時までに「スぺシアル」が焼き上がります。こちらも以降は随時焼いていくスタイル。週末には併せて300本ほど焼くそうです

バゲット スペシアル ¥320