ミニマリスト男性の「キッチンのこだわり」5つ

✓シンク上に物は置かない
✓毎回汚れたら綺麗にする
✓突っ張り棒を固定し鏡とドライヤーを引っ掛ける
✓コンロ横のステンレス板とキッチン壁の隙間に鏡を収納
✓なるべく白で物を統一する

「シンク上収納の水切り網にはピンチを取り付けて吊るす収納にして、スポンジと掃除ロボットのモップを引っかけたり、デッドスペースに鏡を収納したり、ドライヤーを引っ掛けたりしています」(ごはんつぶさん) 

提供/台所図鑑
-AD-

白×ステンレスで統一されたアイテム達が、健康的な男性の清潔感を表しているようですね。突っ張り棒やクリップをプラスして、狭いながらも必要な物を必要な場所に配置した収納がお見事です。

キッチン兼洗面台として使用する為、電気ケトル・食品保存容器・食材のストック等の他に、ドライヤーや衛生用品などもお行儀よく収納してあります。

実用性を優先している為に飾り気ゼロのお台所ですが、キッチン雑貨や調理器具を白で揃え、洗剤類はパッケージを剥がすなど、視覚のノイズを排除する工夫はミニマリストならでは。

ごはんつぶさんのお台所を拝見して「洗剤類のパッケージに視覚ノイズがある」という事に気付いたので、実は筆者も先日シンプルなディスペンサーを購入しちゃいました。