# オリンピック

一度の不祥事で、人生を「全否定」される…東京五輪で見えてきた「末恐ろしい風潮」

キャンセル・カルチャーをご存じか?
トイアンナ プロフィール

こうした風潮はアメリカでも問題になり、元米国大統領のバラク・オバマ氏は、

「一部の若者の間でときどき、『変化を起こすためには、他者に対してできる限り批判的であるべきだ』という風潮を感じる。SNSによって、それはさらに加速している。だが、もう充分だ」

と、2019年に批判している。それから約2年、日本にもキャンセル・カルチャーが広がってきている、と言えるだろう。

アメリカのバラク・オバマ前大統領[Photo by gettyimages]
 

「完全に無罪な人」は存在しない

何度も繰り返すが、完全に無罪な人は存在しない。いじめ、マウンティング、セクハラ、パワハラ……当時は「冗談」と思って話したことが、思い起こせばハラスメントだったのではないか、と思わされることはよくある。

そして、もちろん他人のハラスメントを見つけたときに、健全な範囲で批判があることも肝要だ。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会で、前会長の森喜朗さんが女性理事について「みんなわきまえておられる」と、男性に比べて控えめでいることを褒めた発言は、国内中の批判を巻き起こし、当人の辞任につながった。

このまま「わきまえた女性」で固められた組織でオリ・パラ運営がなされていたら、五輪憲章の「男女平等の原則の完全実施を目指す」にもとる事態となっていたわけだ。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/