©ペス山ポピー/やわらかスピリッツ/小学館

「女の体に生まれたせいで…」トランスジェンダーでセクハラ被害者の著者が語った“想い”と“苦しみ”

2021年7月30日、話題のジェンダー・エッセイコミック『女(じぶん)の体をゆるすまで』(小学館)の上下巻が発売となった。本作を手掛けるのは、自身の性的嗜好と初恋を描いたエッセイ『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました(通称:ボコ恋)』(新潮社)でデビューした漫画家・ぺス山ポピーさん。

著者のペス山ポピーさん

トランスジェンダー(Xジェンダー/ノンバイナリー)であるぺス山さんの人生を通して浮き彫りになっていく、様々な社会問題が描かれる本作。中でも太い軸となるのは、ジェンダーにまつわる違和感(性別違和)と理不尽(性差別)だ。

第1話には、漫画アシスタント時代に作業現場で直面した雇用主からの「セクハラ」が描かれた。衝撃的な実体験を皮切りに、自身の「女の体」に疑問を抱いた幼少期やミソジニーを内包するに至った学生時代など、己の過去・友人・親と対峙しつつ、「女(じぶん)の体をゆるすまで」を綴っている。

 

重たいテーマでありながら、どこかユーモア溢れる筆致が印象的なぺス山さんにインタビューを実施。漫画家になった経緯や数あるジャンルの中でなぜエッセイ漫画を描くに至ったのか、漫画家・ぺス山ポピーを形作った原体験。新作『女の体をゆるすまで』の誕生前や制作過程、読者の反応に触れて変化した心境。そして、今後の漫画家としての歩みや描きたい題材など、『女の体をゆるすまで』を描き終えた今思うことを赤裸々に語ってもらった。

『女の体をゆるすまで』第1話より ©ペス山ポピー/やわらかスピリッツ/小学館

漫画家になるまで

――まず、ぺス山さんが人生で初めて読んだ漫画について教えてください。

ぺス山 コロコロコミックで連載していた、穴久保幸作さんの『ポケモン(ポケットモンスター)』の漫画ですね。その頃、ポケモンが好きで、ポケモンが出ているものに触れたい!と思い、漫画にも手を出しました。

――『女の体をゆるすまで』第6話では『セーラームーン』がお好きだったとも描かれていますよね。

ぺス山 ちっちゃい頃は『セーラームーン』などの女児向けアニメは見ていたものの、いつの間にか男児向け作品ばかり見るようになって、読む漫画も少年漫画に。そこからはずっと少年漫画を読んでいましたね。

少女漫画は20歳くらいの時に初めて読みました。なぜそのタイミングで読もうとしたのかは覚えていないけど、『ガラスの仮面』を読んだんですよ。読み終わった後はとにかく「世界一面白い作品だ!」と思いました(笑)。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/