アカエイ(山本智之撮影)

ゴム靴を貫通する刺毒魚も!海にすむ「有毒危険生物」大図鑑・後編

毒で武装したボロぞうきんにも注意!

海に出かけて磯遊びやシュノーケリングを楽しむ前に、知っておくべき“毒をもつ危険生物たち”。前編の「無脊椎動物編」に続いて、後編では「魚類と爬虫類」について、その具体例をご紹介する。

事前にしっかりチェックして、事故の防止に役立てていただきたい。

鮮やかなストライプを見たら要注意!

ゴンズイ(Plotosus japonicus 

ゴンズイの群れ(山本智之撮影)

海にすむナマズの仲間。鮮やかなストライプ模様が目印だ。

小さな個体はたくさん集まって「ゴンズイ玉」とよばれる高密度の群れをつくる。背びれと胸びれのトゲに毒腺があり、刺されると強く痛む。地引き網に大量に入ることもあるので、誤って手で触れないよう注意が必要だ。

房総半島以南に分布し、おもに沿岸の岩礁域に生息する。

つい手に乗せたくなるカワイさが危ない!

ハオコゼ(Hypodytes rubripinnis    

ハオコゼ(山本智之撮影)

成長しても10cmほどの小型魚で、磯遊びの最中に、「潮だまり」などで出会いやすい。たも網を使えば、比較的容易に捕獲できる。

クリッとした目がかわいく、手のひらに乗せてみたくなるが、やめておこう。背びれに毒トゲがあり、刺されると強い痛みが続く。海釣りをしていて針にかかることもあるので気をつけて。

青森県以南に分布する。

海の中にも人を刺す「蜂」が!

ハチ(Apistus carinatus

ハチ(山本智之撮影)

ハチ(蜂)という名前のとおり、うっかり手を出すと刺されてしまう。ひれに毒トゲがあり、刺されると激痛が長く続く。

大きさは15cmほどで、胸びれは美しい黄色をしている。

茨城県以南の太平洋沿岸、新潟県以南の日本海沿岸などに分布。浅い海の砂底や砂泥底に生息する。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/