photo by istock

「郊外の割安戸建て」を買った人に待っていた、まさかの「落とし穴」

今狙い目のエリアを「実名公開」

都市部の不動産価格の値上がりが激しい昨今、郊外にある物件を検討する人は多いだろう。駅遠などの悪条件を我慢すれば、相場よりも格安の物件が手に入る。一見、賢い買い物に見えるが、まさかの「落とし穴」が潜んでいる場合もある。不動産テックHousmartの針山昌幸氏が解説する。

photo by istock
 

「数年以内に新駅ができる」と…

不動産価格の上昇が連日ニュースで報道されています。価格帯の高い都心部に比べ、郊外の物件は価格帯も手の届きやすいものが多いのも事実。しかし、迂闊に手を出してしまうと、とんでもないことになる可能性があるのです。
 
先日、不動産の売却相談を受けました。売却の検討をしているのは、埼玉県の、とある駅から徒歩35分ほどの位置にある築30年超の戸建です。

相談者の方は、バブル真っ只中である1990年に、新築でその戸建てを買いました。大手不動産ディベロッパーが開発した戸建で、周辺には当時、数十の新築戸建が開発されました。バブル当時は東京23区の戸建ては億を超えていたのですが、その戸建ては6000万円ほどで購入できる点が魅力的でした。

駅距離には難点があったものの、当時の営業担当者いわく「数年以内には新駅ができる見込み」とのことで、その言葉を信じて購入しました。当時は自家用車もあり、駅ができるまでは自家用車で駅まで通勤すれば良い、と相談者は考えたそうです。

しかしその後、結局駅ができることはなく、現在まで自家用車で駅まで行くハメに。年齢的に車の運転が厳しくなってきたこともあり、家を売却して都心の利便性が高いところに引っ越したい、と考えたそうです。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/