日本人が知らない、日本製品が「無断で軍事転用されている」大問題

ドローン時代の兵器に起きている変化

ロシア軍ドローンの「心臓部」に

近年、世界の戦場で急速にその役割を広げつつある軍事用ドローン。その心臓部に、知らず知らず日本製の部品が使われている疑惑が浮上している。

2016年11月6日にウクライナのドネツク地域で墜落した、ロシア軍の偵察用ドローン「Orlan-10」をウクライナの民間団体が解析したところ、米国、ドイツ、日本、中国、その他の国で製造された軍民両用部品が発見された。そして、ドローンの心臓たるエンジンは日本の中小企業の製品だったとみられるのだ。

この情報は2018年以降、複数の海外メディアが報じ、またSNSでも論議になっているが、管見の限りでは否定する分析はなされていない。日本国内では報じられてすらいない。

ロシア軍のドローン「Orlan-10」(写真/ロシア国防省)
 

Orlan-10は、ドローンと従来の兵器システムの組み合わせが大きな戦果を発揮した2020年のナゴルノ・カラバフ紛争でも、アゼルバイジャン軍に追い込まれたアルメニア軍に対してロシアから緊急供与された機体だ。ロシア軍やその関係組織がウクライナ、シリア、リビアなど各地で実戦投入してもいる。

つまり、ロシア軍の主力ドローンを日本製部品が支えている疑いが濃厚なわけだが、それにとどまらず、本件は兵器産業の新たな動向を示唆する問題だといえる。

関連記事