第3弾ポスターも公開 (C) 2021 スタジオ地図

国内で“快進撃”の映画『竜とそばかすの姫』 世界でも大ヒットの“予感”が期待できる「ワケ」

カンヌで注目を浴びた『竜とそばかすの姫』

7月16日に全国416館で公開した細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が、公開10日間で動員数169万人、興行収入24億円を超える大ヒットスタートを切った。最終的に細田守作品で過去最大ヒットの『バケモノの子』(2015)の58.5億円超えも視野にいれる好調ぶりだ。

細田守監督/photo by gettyimages
 

古くから知られた『美女と野獣』に触発され、インターネットの仮想空間を舞台にした華やかな映像と音楽、そこに今日的な社会テーマを絡めた本作は、批評家だけでなく、ファンからも支持される。

作品の高い評価は日本だけでなく、早くも海外に届いている。7月6日から17日までフランスで開催された映画界の最高峰、カンヌ国際映画祭のプレミア部門の公式上映で大きな注目を浴びた。公式出品発表は映画祭開幕直前の7月4日、国内の完成報告会見が7月7日だったことから、映画完成のタイミングと合わせたスピード対応となる。カンヌ国際映画祭の細田監督への関心の高さを示したかたちだ。

そして、映画祭では大成功を収めた。細田監督、齋藤優一郎プロデューサーも参加したプレミアは大喝采を浴び、上映後のスタンディングオベーションは14分にもわたったという。映画祭ではどの作品も盛大な拍手は織り込み済み、作品評価と観客の満足度はしばしばこの拍手の長さが判断材料とされるが、「14分」は今年のカンヌでは極めて長かった。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/