# 相続

6000万円を遺して死んだ妻…DV夫への恨みを晴らす「遺言を使った」壮絶すぎる復讐

貞方 大輔 プロフィール

今回のケースでいえば、夫・健二さんの遺留分は4分の1(=法定相続分〔法律で定められた基本的な相続額〕である2分の1のさらに2分の1)ですので、6000万円の4分の1である1500万円です。いくら遺言で、すべての財産を長男、長女に渡すとしていても、夫が遺留分を主張し、長男と長女に対して遺留分を請求(遺留分侵害額請求といいます)した場合、長男と長女は1500万円を父親に現金で支払わなくてはなりません。

結果として、優子さんの望みは叶わないことになってしまいます。

先述の夫婦関係を鑑みると、間違いなく夫は遺留分を請求してくるでしょうから、長男と長女は父親に対して遺留分たる1500万円を支払う必要があります。

 

案の定、優子さんの葬式が終わる否や、健二さんは優子さんの遺産を調べ始めました。隆さん曰く、優子さんの死後、健二さんは血眼になって、家中で何かを探し回っている様子だったとのことです。「“遺言があったらマズイ”と思って、遺言を探していたんだろうと思います」と宏美さん。

遺言は叔母に渡していたので、家にはもちろんありませんでした。一通り探し回って遺言がなさそうだと安心した夫は、優子さんの財産を洗いざらい調べて、取りまとめました。そして、「遺産分割協議」(故人の財産を誰がどのように相続するかの協議)の準備を間髪入れずに始めました。

そして、その後、家族は大きなトラブルに見舞われることになります。その経緯は【後編】「「6000万の遺産、9割オレがもらう」DV男のヤバい言い分に、40代女性が仕掛けた壮絶逆襲」でお伝えしましょう。

関連記事

おすすめの記事