〔PHOTO〕iStock
# 相続

6000万円を遺して死んだ妻…DV夫への恨みを晴らす「遺言を使った」壮絶すぎる復讐

神奈川県在住の久保優子さん(仮名、以下同)は、数年にわたる闘病の末、今年5月に78歳で亡くなりました。

相続人は、同居していた夫の健二さん(79歳)と県外在住の長男・隆さん(50歳)と長女・宏美さん(48歳)の3名です。

最愛の母親を亡くした悲しみの中、長女の宏美さんからご相談、ご依頼を受けました。

〈亡くなった優子さんの遺産〉
・預貯金 1500万円
・有価証券(株・投資信託) 1000万円
・自宅の土地(建物は夫名義) 2000万円
・借地(戸建) 1500万円

以上、評価額6000万円の遺産
〔PHOTO〕iStock

“夫には一切財産を渡さない”思いを込めた遺言

宏美さんが言います。

「母と父は同居していたとはいうものの、仲は最悪で、特に昔から父の母に対するDVがひどく、母は何度も離婚を切り出しました。ですが、ことごとく父に拒否され、そのたびに母への仕打ちはひどくなる一方でした」

優子さんは、5年ほど前に脳梗塞を患い、無事に退院できたものの、しばらくは自宅で寝たきりの生活を送っていました。しかし、夫は食事や身の回りの世話などは一切せず、毎晩、妻を放置して飲みに行く始末だったそうです。

 

そんな優子さんでしたが、幸いにも意思能力の低下はそれほど見られませんでした。認知症になりたくない一心で、毎日こまめに日記をつけていましたし、少し手が不自由になったため、リハビリも兼ねてお孫さんの名前を何度も何度もノートに書いていたことが幸いしたようです。何冊にも及ぶ日記やノートを拝見したときはただただ感服するばかりでした。

関連記事

おすすめの記事