東京五輪、やはり開催してよかった…「中止」を訴えてきた野党とマスコミの「今後」

髙橋 洋一 プロフィール

やはり開催してよかった

7月23日から東京五輪が開幕した。連日の日本選手の活躍に、筆者も大きな感動をもらっている。

ちなみに、本コラムにおいて、筆者は、2ヶ月前、今の五輪時に「もし新たな波が来ても、100万人当たり25~38人程度(全国で3000~4500人程度)だろう」と書いている〈コロナ感染は「あと1ヵ月」でピークアウトする…「波」はワクチン接種で防げる〉。

厚労省によれば、7月24日の新規感染者は3576人、7日間移動平均で3903人( https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)なので、筆者の予測はほぼ当たっている。

しかも、今回の「波」内訳を見ると、過去と比べて顕著な差がある。つまり、新規感染者増のほとんど若い人によるもので、高齢者ではそれほど増加していないことだ。それはもちろん、ワクチン接種が高齢者にはかなり行き渡ったからだ。

いずれにしても、筆者の新型コロナの予測は、今回も含めてこれまでもほとんど当たっている。

なお、100万人あたりの新規感染者数と新規死亡者数、それに、100人当たりのワクチン接種状況のG7における国際比較を上げておこう。いずれも、日本はG7の中では優等生である。

 

この程度の新型コロナ状況では、医療崩壊は考えにくいので、しっかりした対策の上で五輪を行い、そのスポーツのもたらす感動を得ようというのが、筆者の前々からの考え方だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/