コロナで増えるアルコール依存症。そして女性も……

「アルコール依存症」

この言葉を聞いて、あなたはどんな印象を持つだろうか。お酒が好きでやめられない状態、ワンカップ酒や一升瓶が散らばる部屋、仕事もしないで朝からお酒を飲み続けてしまう人……、こんなイメージを持っていないだろうか。

「もちろん、そういった方もいらっしゃいます。でも、実際にはアルコール依存症はみんながステレオタイプに思っているイメージとはずいぶん変わってきています。しかも、コロナ禍でその状況は多様化しています」というのは、『しくじらない飲み方 酒に逃げずに生きるには』(集英社)などの著書が多数ある大船榎本クリニック精神保健福祉部長(精神保健福祉士・社会福祉士)の斉藤章佳氏。

-AD-

中でも、女性のアルコール依存症を斉藤氏は懸念しているという。
「女性のアルコール依存症の生涯経験者は、ちょっと前のものですが、2013年のデータでは13万人以上おり、年々この数は増加していると言われています。男性よりも表面化しにくいのでもっといると思います。さらに、コロナ禍でより自宅での『ひとり飲み』が増え、見えなくなっています。他者だけでなく、自分自身もアルコール依存症になっていると気づいてないケースもあると思います」

実際に取材を進めるとこんな声が集まった。
「お店で飲めない分、家で飲んでしまう。家飲みだと酔っても平気と思って制限なく飲んでしまうことが増えた」

「人にも会えないし、仕事も不安定に。これから先もどうなるの?と思うと不安で、飲まずにやってられないって気持ちになってしまう」

「一人でいるのがつまらなくて、時間があるとオンライン飲み会やビデオ通話で友達と飲んでしまう。飲酒量は確実に増えたと思う」

多くの人が、飲酒量が増えたと感じていた。その中で、「自分はアルコール依存症かもと思って病院を受診した」というK美さんと出会った。多くの方の気づきになれば、匿名での掲載許可をいただいた。K美さんのコロナ禍での飲酒増加の経緯をまとめてみたいと思う。

コロナ禍で飲酒量が増加した人は想像以上に多い。photo/iStock