義両親との付き合いのゴタゴタや介護の問題。そんなときに重要な役割を担うのは、「実の子ども」であろう。

義母と実母とふたりの認知症に加え、子どものいない独身の伯母の認知症にも悩んでいたのが、フリーライターの上松容子さんだ。しかも義母は被害者意識が高く、実の息子にも優しくすることができない不思議な存在だった。

連載「謎義母と私」、前回は認知症に加え、発達障害の可能性も医師から指摘された義母が病院や歯科医を決めることにも難儀した話をお伝えした。今回はではそんな難儀に実の息子である上松さんの夫はどのようにかかわっていたのかをお届けする。なお、個人が特定されないように上松さん自身もペンネームであり、登場人物の名前は仮名としたドキュメンタリーである。

容子    20代後半で結婚。現在50代
夫     容子と同い年。営業職
明子    容子と夫の一人娘
実母登志子 昭和ヒト桁生まれ 元編集者を経て専業主婦。認知症で要介護2
義父       東京近郊在住 大正生まれ 中小企業社長
義母トミ子 昭和ヒト桁生まれ 元看護師 専業主婦
上松容子さん連載「謎義母と私」今までの連載はこちら
-AD-

夫と母親の冷たい関係

義母に関する文章を書いていて、自分でも欠落しているなと思う要素がある。
それは、義母の息子である夫の存在である。これまでこの記事には、夫の様子や反応が出てこなかった。実は、夫は義母の介護の件に、ほとんど関わってこなかった。だから、書きようがなかったのだ。

夫が関心を持つのは、決まって義母が「なにかやらかした」ときだった。娘に暴言を吐いたり、大切なものを勝手に捨てたり、ヘルパーさんを罵ったりして問題が起き、私がつい声を荒らげたりすると、そういうときに限って現場に現れた。
間を取り持ってくれるのかと最初は期待したのだが、彼は私の後ろから自分の母親を攻撃した。毎回かえって面倒なことになるので、2階のスペースにお引取りいただかねばならなかった。

夫に間を取り持ってもらおうとするとむしろ話はややこしくなってしまった…Photo by iStock

私の母と伯母の認知症問題のときは事が複雑すぎたし、親類と懸命に対応していて、夫に協力してもらおうという発想がはなからなかった。移動のとき、車を出してもらうくらいで、それ以上のことはこちらも望んでいなかった。
しかし、義母のあれこれに関しても、夫は自ら動こうとはしなかった。そもそも、自分の母親の性質について、理解がまったくなかったし、言動がおかしくなってからも、母の身に重大なトラブルが起きているのではという疑いさえもたなかった。

簡単に言うと、義母という人間に関心がなかったのである。