開会式で「史上最悪の放送事故」…炎上中の「韓国テレビ局」が過去にも流した“ヤバい選手団紹介”の中身

金 明昱 プロフィール

再発防止が全く行われていない

この放送の翌24日にはMBCは公式に謝罪文を発表。

「23日夜、東京オリンピックの開会式を中継放送しながら、国の紹介映像と字幕の一部に不適切な写真と表現を使用しました。その国の国民と視聴者の皆さまに謝罪いたします。問題の映像は、国別に入場する選手団を短い時間に紹介する意図で準備しましたが、配慮が欠けており、確認作業も足りませんでした。弁解の余地はありません」

今後はなぜ今回のような事態になったのかを検証し、結果によってはしかるべき措置を取るという。作る側は視聴者がどのような反応を示すのか、想像できなかったのだろうか。

23日に行われた東京五輪開会式/photo by gettyimages
 

「中央日報」によれば、MBCの不適切な放送はこれが初めてではないという。

「2008年北京五輪の各国入場シーンの中継でもMBCは、アフリカのチャドを『アフリカの死んだ心臓』、ツバル『地球最初の温暖化の被害国』、ジンバブエは『殺人的インフレ』、スーダンは『長年の内戦で不安定』とネガティブな情報を字幕で掲載した」と伝えている。

当時も批判を受けて、再発防止を約束していたはずだが同様のことが繰り返されてしまった。韓国MBCは今後の教訓にできるのだろうか。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/