開会式で「史上最悪の放送事故」…炎上中の「韓国テレビ局」が過去にも流した“ヤバい選手団紹介”の中身

金 明昱 プロフィール

また、イタリアの紹介では「ピザ」の写真、日本は「寿司」や「お城」のほか、大阪にある「グリコの看板」などが使われていた。

ほかにも自国との面積の違いや1人あたりのGDP、各国の新型コロナウイルスのワクチン接種率まで出していたが、そこはなんとも“韓国っぽい”と感じた。真剣なのかお遊びなのか、見ていてよく分からなくなってしまった。

公共の電波でこれが流れてしまったからには、もう収拾がつかないのではと思っていた矢先、放送中に視聴者から抗議の電話が入っていのかは定かではないが、最後のほうでアナウンサーが、不適切な写真と字幕について謝罪していた。

開会式で入場を果たす日本選手団/Photo by gettyimages
 

「国家的な恥さらし」「正気で行ったのか?」

だが、今回の放送に関して、韓国内では各メディアや視聴者、ネットユーザーからの非難が収まらない。

「“国の恥”選手団の紹介にチェルノブイリ、暴動写真」(SPOTVニュース)
「MBC なぜこうなるのか…五輪開会式の国紹介で不適切写真騒動」(スポーツ京郷)
「歴代級(史上最悪)の放送事故。不適切写真と字幕に謝罪」(スポーツトゥデイ)

ネット上のコメントにも「国家的な恥さらし」、「政治にばかり目を向けないで放送に集中しろ」、「公用放送としての資格はない。あまりにもひどい」、「正気で行ったのか?」など辛辣な批判が続いている。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/