# 勉強

ひろゆきが断言!「アタマのいい人」「アタマの悪い人」の決定的な違い

ひろゆき プロフィール

そもそもユーチューブという場所には、基本、面白いコンテンツなんてほとんどありません。誰もそこに面白さなんてものは求めておらず、ちょっとした時間つぶしができればいいと思って眺めているわけです。

そんな場所で、視聴する前に「この動画は2時間あります」と言われたら二の足を踏む人も多いです。でも「この動画は2~3分です!」と言われたら、暇つぶしに見る人の数はぐっと増えます。

そういう意味では、切り抜いて短くした「ひろゆき動画」のほうが見られる可能性は高くなる。

でも、僕は編集作業を自分でやるつもりは毛頭ありません。面倒だし、それに費やす時間をほかのことに使ったほうが楽しく生きていけると思うからです。

 

そこで、僕は「切り抜き」を容認し、収益の半分をもらうという仕組みにしているのですね。すると、僕自身は何もしなくても、切り抜き職人さんたちの動画がどんどん世の中に出回る。その結果として再生数も伸びて、僕のところにもチャリンチャリンと収入が入ってくる。

実際に僕のところにお金が入ってくるのを見て、ようやくバカな人でも、「あ、なるほど! そういう仕組みだったのか」と気づきます。

アタマの悪い人は、うまくやっている人のやり方を理解するのに時間がかかります。だから、アタマのいい人からパクることも下手なのです。

関連記事

おすすめの記事