# 確定申告

ウーバー配達員の“自転車代”、キャバ嬢の“私服代”は「経費」になるのか…その「意外すぎる答え」

スモビバ!編集部 プロフィール

――すごい! 動物についても規定まであるんですね。

それから、職業別の経費事情のほかに教えていただきたいことが。

経費で認められる範囲を広げるには、青色申告もメリットがありますよね。個人事業主が白色申告から青色申告に切り替えた場合のことなんですが。

青色申告をすると、翌年に赤字を繰越せますよね。白色申告で赤字だった翌年に青色申告に切り替えたら、前年の赤字を記載していいですか?

宮原: 「純損失の繰越控除」のことですね。この制度は、赤字だった前年が青色申告でないと使えません。白色のときの赤字はすべて切り捨てになってしまいます。

 

――わかりました。赤字の年も青色申告にしておかないと赤字分を取り戻せないって言うことなんですね。

では、白色申告のときに20万円のパソコンを買って「減価償却費」にしていたとします。でも、青色申告なら30万円未満の資産を一度で経費として計上にできる特例がありますよね。その場合、青色にした年に残りの金額をドカンと経費にしてもいいんですか?

宮原: それもできません。

この特例は購入した年に使うかどうかを決めたら、後から変更できないんです。ずっと青色申告をしている人でも、初年度に「減価償却費」として計上すると決めたら最後まで同じ方法で償却してください。

――個人事業主は人によって働き方も収入もさまざまなので、経費にしていいかどうか自信がもてないことが多いのですが、こうやって多くのサンプルを引き合いに出してみると、仕訳のツボがなんとなくわかってきました。宮原先生、ありがとうございました!

関連記事

おすすめの記事